report |

中越地震震源地にて福島のみなさんと田植え

6/2 新潟県中越地方長岡市川口に福島のみなさんと二年目の田植えをおこなってきました
P6020052.jpg
ここ川口は新潟中越地震の震源地でした
そして田植えをおこなわせてもらっている木沢集落は震災前には人口が減少していて
お米作りもおこなっていない田んぼが数多くありました
中越地震をきっかけに
足を運ぶようになり復興イベントをおこない始めてからは自分たちもお米を作らせてもらうようになりました
P6020074.jpg
今回の3/11震災が起きたときも
すぐに新潟の方々へ協力をあおぎ、直後の役場の対応や支援の受け方などを各地につたえるなどし
また新潟からも炊き出しにきてもらったりしていました
今回の3,11大震災にたいして
自分がここまでの活動ができているのも
これまでの悲しみの生まれた場所から学んだことと
また震災を実際体験した方達とのつながりがあったからだと思っています
P6020083.jpg
二年目の今日は
福島のみなさんも新潟のメンバーとそれぞれの再会を喜び合ったり
お土産を渡したり
笑顔や笑い声が溢れ、途切れる事ない田植え作業となりました
P6020095.jpg
P6020164.jpgP6020183.jpgP6020190.jpg
今年からはもち米の田んぼもつくりました
昼ご飯はそれぞれが作って来てくれたおかずやおにぎり
そしてみんなで採った山菜を天ぷらにするなど
このメンバーでこの場所でこの時にしか食べられない
素敵なお昼ご飯となりました
P6020136.jpgP6020133.jpgP6020141.jpg
夜には地元のみなさんが交流会を開いてくれて
遅くまでにぎやかな夜となりました
P6020365.jpg
また次の日には
地元の小学生たちの田植え体験に一緒に参加しました
木沢地区の80才のおじいさん達と福島のみなさんと地元の小学生たちと
なごやかな田植えをおこないました
CIMG0420.jpgCIMG0421.jpgCIMG0438.jpg
三年目を迎えた
福島の仮設暮らしのみなさん
それぞれに大変なおもいをしているなかでも
この田植えツアーをみなさん本当に楽しみにしてくれています
新潟のみんなもひとりひとりを大切に迎えてくれて
それぞれが
”ただいまー”
”おかえりー”といえる関係となってくれています
P6020209.jpgP6020216.jpg
震災とは大地からの声
その大地からのメッセージを受け取った方々
神戸にしても新潟にしても
震災体験、避難生活体験をしたことによって
”生きる”ことを見直した人々がたくさんいます
支援活動は確かにはじめは提供する事が多いですが
その後には
なにものにもかえられないものを被災者の皆さんから受け取る事が出来ます
新潟の人たちがいなかったら今回の震災に対しての支援はここまで出来なかったと思います
支援活動は多くのことを学ぶこと
ただ
これまでの震災にはなかったことが現在の福島では起きています
全人類が学ばなければいけないことを今、福島の人たちは体験しています
そんな福島の人たちと笑顔でふれあえる
この田植えツアーがこれからもより多くの場所で
より多くの参加者と作っていく事ができたらと思っています
これから草刈りツアーや
稲刈り、収穫祭など展開していきます
参加したい方はぜひ連絡してください
また明日6/16東京ラフォーレ原宿にておこなわれる
二ナーズ×ラブフォーニッポンママと子供にハッピーを!!
のイベント会場にて昨年福島の皆さんと作ったお米も販売します
残りわずかとなりましたが
どうぞみなさんご来場ください
これからもラブフォーニッポンをよろしくおねがいします
ありがとうございます
JUNE
P6030379.jpg