report |

今年も福島の皆さんとおこなうお米作りスタートしました

_0021535.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年も福島で避難生活を続けているみなさんとのお米作りがスタートしました
まずは日光山久保地区で
そして新潟長岡川口での田植えをおこないました
今年は富岡町、川内村のみなさんに加えて新しく
浪江町のみなさんにも新たに参加頂きました
もちろん
東京からもたくさんの家族が参加してくださいました
_0021517.jpg
 もち米を植えたり
昨年まで休耕田であった田んぼも参加者が増えた事から復活させたりと
昨年の田植えとはちがい
地域のみなさんもたくさん集まり
ご飯を用意して下さったり
田植えが終わっても山菜やたけのこなどをとったりと
みんなで山久保の自然と田んぼを楽しみました
_0021528.jpg_0021545.jpg_0021569.jpg
避難生活を続けるみなさんから
田植えや山菜採りのやり方を東京から参加の家族のみなさんが教わります
泥だらけになったらきれいな川で足を洗い
みんなで採った山菜などを天ぷらにしたり餅つきをしてお昼ご飯をいただきました
それぞれが違う町のみなさんなので
最近の仮設住宅の事情や
町の補償問題、これからのことなども話にあがります
また日光山久保地区では農業放棄地の話もでてきました
_0021547.jpg_0021567.jpg
人が減ってくるとイノシシなども畑にやってくるそうですが
こうして
多くの人が集る事で
ここは人が暮らす場所だと動物達に教える事ができるそうで
そんな意味でも
地区のみなさんは本当に喜んでくれています
東京の子供たちも初めて裸足で田んぼの泥の中に入り田植えをするなど
なかなか東京ではできない体験をして
そしてお昼にはそこで出来たお米や山菜をみんなで一緒に調理して食べました
田舎暮らしでは当たり前のようなことですが
ひとつひとつが都会の子供たちには新鮮な出来事となりました
そして
それらをおこなう中には常に笑顔や笑い声が聞こえてきます
_0021545.jpg
_0021590.jpg
_0021591.jpg
_0021641.jpg
_0021650.jpg
新潟県長岡市川口木沢地区でおこなった三回目の田植えでもそうですが
福島の避難所や仮設住宅で出会ってきたみなさんは
この三年間常に
”ありがとうございます”
と頭を下げ続けています
自分たちからしたら
”ありがとうはおたがいさま”なのですが
なかなか現地で活動などをしているとそうはなりません
それでも
このお米作りを始めてからは本当に”お互いさま”となりました
これは
さらにお米をつくらせてもらう日光や新潟の人達とも
”ありがとうはおたがいさま”と広がり
震災をきっかけにありがとうの交換が増えてきました
写真 1.jpg写真 4.jpg
_0022009.jpg
そして
お米作りをはじめて三年
みんなが本当に”ありがとう”を交換すべき存在はこの自然そのものであると
みんな笑顔に田んぼでごはんを食べている時や
山菜を採っている時、棚田で夕陽をながめる時に気づかされました
仮設で暮らすみなさんは孤独です
ですがこのお米作りツアーの仲間たちは
それぞれに励まし合い
日々淡々と過ぎ行く仮設での毎日を生きています
そして
みんなは”家族”だといってくれています
_0022047.jpg
新潟のお米作りメンバーのだいちゃんがお店を作ったと聞けば
自分たちの子供がお店を出したんだからといって
「みんなでご飯食べに行こうー」となってくれたり結婚したスタッフがいたらお祝いしてくれたりと
みんながそれぞれに繋がってくれています
そしてこれまでのメンバーだけではなく
新しい仮設のみなさんも一緒に仲良くこの家族の輪に入れて行ってくれます
_0021999.jpg
福島の問題は複雑になり
福島県内の方同士でも多くを語らなくなって来ています
といって県外の人が簡単に語れる事でもないです
だからといってこのままでは本当にまずいとみんなが思っています
こうしてみんなで田んぼに集ると
普段福島県内では語れない話も出たり
いろんなことを教えてもらえます
山菜を採る時も「今年は何の山菜が数値が高いんだよね」
とか最近の除染作業の話などそれぞれの状況も教えてもらいます
なかなか体調を悪くして参加出来ないメンバーもいたりしますが
「また次の草刈りイベントにはこれるようにがんばって治療してるんだあ」
とみんなが楽しみにしてくれています
この梅雨があけると草刈りです
夏をみんなで楽しみ
そして秋の収穫を待ちます
震災に対しての温度は低下していると言われますが
でもこのお米作りは毎年
少しずつ人数も増えて作るお米も増えて来ています
_0021983.jpg
”震災のあったあの頃どうだった”
を語るのではなく
”震災からの今”
を田んぼで語り合い
ご飯を食べそして喜び合っています
まだまだ避難生活を続けている方は多くいます
もっともっと多くの笑顔を作るために
みんなでがんばっていきたいと思っています
どうぞ
みなさん
これからもラブフォーニッポンをよろしくお願い致します
CandleJUNE
ラブフォーニッポンFB
Fukushima311