report |

八月の月命日を福島で

8月もまた月命日がやってきました
前日より福島入りしていたので
昨夜は仮設で暮らすお母さん達とのご飯会で盛り上がり
朝は久しぶりに富田にあるおだがいさまセンターに顔を出しました
P8112416.jpgP8112415.jpg
宮城山元町の山下さんも今回は同行してくれていたので
このおだがいさまセンターの在り方もぜひ見てもらおうと思い一緒に行きました
センターのみなさんはみんな笑顔で迎えてくれました
今日もイベントがあるようで準備でいそがしそうでした
P8112413.jpg
昼には
郡山をはなれ
またいわき四倉へ向かいました
この日が四倉道の駅復活の1周年という事でイベントがありました
出番まで
時間があったので
今年から復活した海水浴場にも行ってみました
P8112420.jpg
P8112429.jpgP8112425.jpg
思ったより多くの方が海水浴を楽しんでいました
監視チームのみなさんも監視台を建てしっかりとみなさんを見守っていました
こちらでは
水質調査をおこなっているそうで問題ない数値であるということです
毎日空間線量なども計測しているようです
ここからわずか30キロ北の原発からは毎日大量の汚染水が流れているというニュースが流れていますが
それでも
多くの家族や若いカップルが天気のよい1日をこの海水浴場で過ごしていました
(いろいろと想う事や調べた数値などもありますがここではあまり書きません)
昨日高校生たちとの訪問でお世話になった久ノ浜の商店街にもみなで顔をだし
昼食も商店街でいただきました
餃子がとてもおいしいのですが
あとからBro.KONEさんたちも合流して餃子パーティと化していました
KONEさんは震災当初にここ四倉に来てもらったのですが
それ以来何度も足を運び自分以上にいわきのみなさんと仲良くなり
この四倉道の駅の一周年イベントにもKONEさんに呼んでもらいました
自分は
震災が起き
二日後くらいにこの四倉に来ていました
当時津波被害がひどく
船や車が建物を破壊していたり
道路も通れないような状況でした
それから何ヶ月かして
壊れかかった道の駅ですこしでも多くの被害にあった方々を勇気づけようとイベントした日が
昨日のようにも思えますが
今はもうすっかり建物も道路もきれいになりました
道の駅も新しく生まれ変わって1年が経ちました
何人か避難所生活をされているときに出逢った人たちも会いに来てくれました
当時
ガソリンや水や食料などを各避難所に運ぶ日々でしたが
たくさんの避難所をめぐっていたので
なかなか自分はそこでのみなさんを憶えていないこともあるのですが
みなさんのほうから
「あの時ガソリンもらえてほんとに助かりました!」
とか
「豚汁おいしかったです!」
なんて声をかけてもらえました
現在も仮設暮らしや借り上げアパート暮らしに変わりはなく
大変な事は変わりはないのかもしれませんが
「こうしてまた来てくれる事がなによりうれしいよ!!」と
本当に再会を喜んでくれていました
久しぶりに会った子供達はすっかり大きくなっていて
やんちゃだった子供もちょっと大人っぽくなっていたりしています
海水浴とかしてる?と聞くと
「うちはお母さんが危ないから入っちゃだめだって言ってるから」
と言い現在も進行している放射能被害を子供ながらに感じているようでした
なかには家族で入っている人たちもいますが
気持ちとしては
「あれもだめこれもだめと言って、今いろんなストレスで頭や身体がおかしくなるより
海水浴場も検査して安全だって言っているんだから入るんだ」
ということです
多くの大人は放射能が簡単にはなくならないことを知っています
多くの除染費用で除染活動は続いていますが
除染したものを置く場所にこまっていたり
流れていった先に海が在る事もみんな知っているはずです
個人それぞれの判断にまかせていることによって
子供達のなかでも遊び方が違う子供達が生まれています
P8112439.jpg
夜になり
KONEさんのライブにはダンサーのRhiaさんも加わり
たくさんの来場してくれた方々と盛り上がりました
道の駅のみなさんも特別にねぶたの山車をだしてくれたり
花火をあげてくれたりして一緒になってイベントをつくってくれました
P8112472.jpg
P8112506.jpg
こうして活動を続けているとなかなかスタッフも集まりづらくなってくるのですが
東京の大人達と地元の大人達
そして山下さんはじめ宮城の方々みんなで作り上げることができた月命日の夜でした
P8112446.jpg
福島では
たくさんの”震災”ではくくれない問題だらけですが
それでも
こうして
被災地の人と一緒になって自分たちの出来る事をする
月命日という
きっと遺族の方々にはとても辛い1日に集まって
にぎやかな1日を作ること
ひとつひとつの問題の解決になるわけではないですが
一つ一つ生まれている問題を知る夜になり
そして一緒になって考える事ができる夜となります
子供達は
「またきてねー!」と笑顔で手を振ってくれました
P8112464.jpg
震災後たくさんのキャンドルを初めて灯した場所がここ四倉道の駅です
新たな問題が生まれていても
こうして
みんなの元気な姿と様々な問題と向き合いながらも成長している子供達と過ごすことができて
本当に嬉しかったです
P8112518.jpg
この子達の未来をつくるのはやはり今の大人達です
そのひとりとして今生まれているひとつひとつの問題に対して
答えをだしていかなければいけないなとあらためて思いました
原発で今働いている知り合いといろいろと話しました
福島でできること
東京でやらなければいけないこと
始めていきたいと思います
みなさん
どうぞ
これからもよろしくおねがいします
また
ラブフォーニッポンのリーフレットができました!
コトホギデザインさんが作成してくださいました
まだまだこれからも”震災”から生まれた悲しみのひとつひとつに誠実に活動を続けたく
どうかみなさまのご支援をよろしくお願い致します
また継続して現地活動おこなっていますが
参加したい方はぜひ連絡してください
どうぞ
よろしくお願い致します
CandleJUNE
P8112525.jpg