report |

六月の月命日を福島で

6月の11日
月命日に福島に行ってきました

P6110483.jpgP6110478.jpg

この日はスタッフが女性ばかりだったのですが
福島久ノ浜の商店街を訪れたり
三春の仮設をおとずれたりし
”父の日”に近いこの日は女性スタッフたちが用意したお父さん達へのプレゼントを各地で手渡してきました

P6110502.jpgP6110503.jpg

最終的には郡山の南一丁目仮設に到着して
お母さん達が作ってくれていたごはんをたくさんいただいて
夕方から集会場で
そんなお母さんたちと一緒にお茶会の準備をしました

P6110505.jpgP6110510.jpg

ご飯やお菓子、飲み物もたくさんならび
普段の現地の方がおこなっているお茶会では出てこない人たちもたくさん集まってくれ
にぎやかな時間となりました

P6110540.jpgP6110537.jpgP6110551.jpg

マッサージができるスタッフがマッサージコーナーを設け
またCHUMSさんからのご提供品を賞品としたビンゴゲームなどをおこない
仮設で暮らすみなさんとの時間を過ごしました

P6110526.jpg

そして日が暮れ始めてからは皆さんと一緒にキャンドルをならべ
火を灯しました

P6110563.jpgP6110513.jpg
P6110603.jpg
震災の時に生まれた子供も少しずつ言葉を話すようになり
そして
その子には妹も生まれていました

彼女達がおかれている環境に良き進展はみえないのですが
今日という一日を笑顔で過ごしてもらえる事ができればと
お母さん達も
「なんとかみんなで助け合い励まし合ってがんばろう!!」と

「JUNEさんたちと一緒にみんなを励ましてさ!」

とみんな本当にひとりひとりと話をすると
悲しい事ばかりを聞くのですが
それでも
必死になってなんとかこの一日をにぎやかにすごそうとする
そんな気持ちが強く伝わってきました

P6110576.jpgP6110566.jpg

毎月当たり前のように11日はやってきます

でも被災地のみなさんは感じています

”あの大変な一日
あれからいろいろあって、毎日が本当ににぎやかだったけど
今じゃもうだれも来なくなったね

思い出したくもないけど
この日を一人で過ごしたくはないね
また一人で過ごさせちゃいけないね”

あの日を思い出すような事にはしたくはありません

すこしでもにぎやかに楽しい時間を
そんな一日をみんなで作りました

P6110614.jpg

この仮設住宅は被災者の中でも人気で未だに入居者希望者がいるそうです

自主避難した人が帰ってきたり
アパート暮らしがつらくなった人

他の仮設で人間関係がおかしくなった人

村に帰れるようになったものの
病院がなく
都市部にあるこの仮設をキープしている人

帰りたくてもかえれない
帰れと言われても帰りたくない
帰りたいけどそこでは生活はできない

そんな人たちが住まう仮設住宅

これまでの震災でこんなことがあったのだろうか?

P6110621.jpg

すべてが終わり片付けをともにしてくれたお母さん達は
夜の静まり返った仮設住宅から自分たちが見えなくなるまで
元気に手を降り続けてくれていました

なんとかしたいです

今出来る事はすこしでも多くの仮設住宅に暮らす人
仮設住宅が建っている地区の皆さんと交流を持つ事

一日でもいいから楽しい嬉しいを作り出す事

そのくらいしかありませんがやり続けます
そして
そのひとつひとつを伝えていきます

また
来月の11日もそんな場所に行き
楽しい時間をつくることができたらと思っています

P6110695.jpg

どうぞ
みなさんこれからもラブフォーニッポンをよろしくおねがいします

CandleJUNE