report |

山元タイムにORANGE RANGEがやってきた!

宮城県山元町でおこなっている”山元タイム”にORANGE RANGEさんが訪問してくださいました

メンバーは
これまでラブフォーニッポンの福島での活動に何度か参加してくれていましたが
今回は山元タイムにORANGE RANGEオリジナルミサンガをオーダーして下さっているので
実際に山元町にきてもらいました

訪問する前日にも石巻を訪問するなど
現在も精力的に被災地をまわっているORANGE RANGEさんですが
今回はメンバーのひとりが絵本を書いているという事もあり
山元町に二つある幼稚園を訪問してきました

PA184147.jpg

はじめにふじ幼稚園にむかいました

ふじ幼稚園は津波被害に遭ってしまい
何名かの園児が亡くなってしまった幼稚園です

現在は様々な援助を頂き国道沿いに再開していますが
この日は
被害のあった幼稚園で園長先生が待っていてくれて
現場でおはなしを聞かせてもらう事ができました

PA184149.jpg

雲一つない良い天気でしたが
津波の足跡の残る幼稚園で
涙をこらえながら当時のお話をしてくださいました

その後
現在のふじ幼稚園にお邪魔して園児や先生方とまたお母さんたちと交流しました
メンバーみんなで絵本の読み聞かせをおこない
ふじ幼稚園の園児からは歌のプレゼントがありました

PA184169.jpgPA184155.jpgPA184207.jpg

その後はもう一つの幼稚園
やまもと幼稚園を訪問しました

PA184271.jpg

こちらは山側にある幼稚園で
津波の被害などはなかったのですが
ふじ幼稚園とは対照的に
震災後
なにも支援がなく
震災被害に遭われた方々のケアにおわれ
またふじ幼稚園の一部の子供達の受け入れなどがあったりと
さまざまな大変な想いをされた幼稚園でした

やまもと幼稚園に到着すると
園長先生たちが
当時のこと、そして現在までを語って下さいました

PA184266.jpg

ふたつの幼稚園訪問から
改めて
津波の怖さ
そしてそのあとでも懸命にがんばる先生達
とっても明るく元気な声でむかえてくれる子供達

直接的な被害はもちろん
支援格差などさまざまな問題を聞かせてもらいました

二つの幼稚園訪問での
子供達とのふれあいにシナリオを用意しないままで訪問したのですが
絵本を読んだり歌を歌ってもらったりで時間はあっという間に過ぎていきました

ミサンガを作ってくれている山元タイムのみなさんのところに向かう前に
津波被害地域をまわり被害の状況や現在の復興状況もメンバーに見てもらいました

PA184277.jpg

山元タイムに到着するとお母さん達がたくさんの手料理を作って待っていて下さり
そこからはほんとうに笑顔のたえない楽しい時間が流れました

ORANGE RANGEメンバーたちは実際自分たちがオーダーしたミサンガを
お母さん達から教わりながら作ったりもしました

写真 2.jpgPA184280.jpg

震災直後は
本当に多くの方々が被災地を訪れました

そこにはたくさんのふれあいがあったと思います

実際東京で出逢う人と震災のことの話になると
みんなが震災の話の引き出しを持っていて
”当時はどこどこにいってこんなボランティアをしたよ”
と聞きます
でも今は?と聞くと全然行けてない
とかそれっきりとなります
みんなしっかりと熱い想いで現地に向かい
そこでたしかに人とふれあったはずでした

仕事や学校を休んだり
お金をたくさんつかったりしながらあのとき現地に行ったはずです
何万人もの人が同じ数かそれ以上の人たちと交流をしたはずです
その人たちと連絡はとりあえているのでしょうか?
その人達はもう大丈夫と言っているのでしょうか?

どこの被災地もあの時にはなかった問題に直面しているはずです
毛布や食べ物や飲み物があれば救われる時はそれがあれば救われます
でも
人間関係の悪化やローンの問題
先のみえない不安からの精神的な病気
それぞれに問題が発生しています

”自立”出来る人はできますが
できない人もいます

お金の問題の解決はなかなかむずかしいです
病気から救う事も難しい事です
自立を促す事も大変な事です

でも
あの大変なときに支援してくれたあの人が今も心配して逢いに来てくれる
手紙を送って来てくれる

から元気でもいいから元気なふりして久しぶりって笑顔をつくろう!

そんな瞬間をつくることが
もしかしたら
励ます事になったり、がんばろう!って思える事につながるんではないかと思います

ラブフォーニッポンは震災直後より
山元町周辺で炊き出しやイベントをおこなってきました

今すべての山元町のみなさんになにができるということはないですが
こうして心ある著名な方々が一部のお母さん達に仕事を発注してくれて
町に逢いに来てくれます

山元町の子供達をはげまそうと幼稚園にも行ってくれます

PA184219.jpg

草などで覆われて
津波の被害が見えなくなっているのは自分たち被災後に訪れた人々であって
現地の人は津波が来る前の町の賑わいや電車の走っていた事を知っています

二年と半年の今
現地で起きている問題を知れるのは
メディアではなく
実際にそこに暮らす人たちと震災直後からつながっている人たちのはずです

まだまだ
被災地のみなさんに何かしたいと思っている人達が全国にいることを信じています

ORANGE RANGEのメンバーは
次回の仙台公演に山元タイムのメンバーたちを招待してくれました

山元タイムのお母さん達がつくったORANGE RANGEミサンガを
当日会場でお母さん達が販売できるようにもしてもらえました

お母さん達は今から楽しみにしています

これから寒くなっていきますが
三回目の仮設で迎える冬をなんとか乗り越えられるように
これからもいっしょにがんばっていきたいと思っています

どうぞ
これからもラブフォーニッポンをよろしくおねがいします

Candle JUNE

PA184292.jpg