report |

新潟の地で

福島原発地域から避難生活を郡山で続けているみなさんと
新潟中越地震震源地で行なわれた雪祭りに参加してきました
新潟中越地震が起きてから
ご縁ができた川口町ですが
ここは本当にたくさんの雪が降ります
そこで暮らす方々にとってはとっても大変なことですが
自分はこのたくさんの雪のある世界が大好きです
P2237291.jpg
福島の皆さんは浜通りのみなさんで
なかなか雪の降らない地域の方々です
郡山の雪でも大変だと言っていますが
この田植えツアーが始まった時から
どうしても
この川口の一面雪景色をみてもらいたいと
今年はそれが実現できました
米作りをともにしている
新潟のメンバーがしっかりと準備してくれたので
今回のバスツアーがおこなえました
P2237296.jpg
P2237302.jpg
雪祭りのこの日も
やはり雪は止まずでしたが
幸い風が少なく
新雪のなかでのお祭りとなりました
この雪祭りを何日も前から福島のみなさんは楽しみにしていてくれました
P2237306.jpg
とくに昼間におこなわれる雪積み大会があるのですが
これにぜひ参加したいということでした
雪積みは機械以外は使ってもいいらしく
常連チームは大きな木枠をつかったりと、みなどこも本格的は道具でおこなっていました
P2237315.jpg
福島の皆さんにはバケツとスコップしか用意ができなかったのですが
それでもお母さん達は
信じられないくらいの高さを積み上げてくれました
P2237308.jpg
そこにいたすべての人が驚いたのですが
12組くらいいたなかでもトップクラスにまで積み上げ
最終的には特別賞をもらえました
P2237325.jpg
他のチームはいろいろな道具をつかったものの
軒並み時間が経つと崩れていきました
最後の花火の時まで
きれいに残っていた高い塔は福島のみなさんのものでした
P2237331.jpg
一つ一つのバケツに詰め込み
それらをひとつひとつ積み上げていく
この福島のみなさんと自分たちが今おこなっていることのようにも思えました
大きな事ではないかもしれません
たくさんの人を救える訳でもありません
それでも一つ一つの積み重ねで得られる喜びがある
そしてそれは強固なものとなる
なんだか
45分間ひたすら積み上げ続ける皆さんをみて感動しました
P2237338.jpg
その雪祭りに集まっていた人誰しもが
何の道具もない
平均年齢も最高齢チームの福島の人たちは参加賞みたいなものだねと思っていたはずが
専用の道具も使う常連チームと競いあい
そして最後まで残っていたのは福島チームであったことに
なんだか大きな夢を見させてもらえた気がしたと思います
P2237348.jpg
もしかしたら来年からこの雪つみ大会は道具の使用が禁止となるかもしれません
人の手で、協力し合ってどこまで出来るのか
そんなことをこの福島のお父さん、お母さん達は教えてくれたと思います
今年も
米作りをみなさん楽しみにしてくれています
それぞれの町の状況が悪くなる中で
まだまだ避難生活が続きます
心身ともに弱ってきている人も多いらしく
また新たなメンバーを誘ってこの新潟に来たいと言ってくれています
昨年末に
出来たお米をもって郡山の仮設でみなさんとイベントをしましたが
この三月もまた行ないます
昨年の3月11日は富田仮設でイベントをおこない
お米作りのメンバーの
みなさんにきてもらいました
今年は富田仮設の川内村集会場で
このお母さん達と一緒に3月11日を作ります
実際は3月10日となりますが去年行なったものを今年は現地の方と一緒に作り出します
これまで続けてきた事で出来たつながりを喜び合えるような
そんな二年目になれたらと思います
もちろん
新潟のメンバーもやってきます
一緒に楽しい一日を福島で作り出したいと思います
みなさんよかったら新潟川口に
地震のあった10/23に行ってみてください
震災のあとの復興が見れると思います
そしてそこにはきっと
福島のお母さん達も一緒にいると思います
まだまだ
これからも
活動をともにおこなっていきます
みなさんどうぞ
よろしくおねがいします
Candle JUNE
P2237368.jpgP2237390.jpgP2237395.jpg