report |

福島のみなさんと新潟でお米作り

DSC02406.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ラブフォーニッポンでは311震災後

避難している福島のみなさんと新潟や日光でお米作りをおこなっています

お米作りを始めた経緯ですが
もともと自分が新潟中越地震の起きた新潟県長岡川口町で活動を行ってた当時
震災後から3年間は川口町中学校にあった仮設住宅を訪問していたのですが
仮設が無くなってからも交流をということで
震源地である木沢地区の棚田でお米作りをはじめさせてもらいました
2011,311以降から福島に通う日々で
避難している皆さんをすこしでも励ましたい気持ちでいろいろおこなっていましたが
震災体験者の新潟のみなさんとの交流と
日々街なかにある仮設住宅に暮らすみなさんがもともとの農業というか土にふれて
生産をおこなうことですこしでも元気になってくれるのではと
お米作りはスタートしました

また避難している多くは高齢者で
そのみなさんがいつも深々と頭を下げて「いつもありがとうございます」とお礼を言ってくれることに対して
みなさんに自分たちがお礼をいえることをしようと考えた時に
東京や新潟の若い親子も一緒にお米作りをおこなうことで
仮設住宅にお住まいのみなさんを「お米作りの先生」としてむかえ
田植えや山菜のことなどを教えてもらう
そんな意味合いもありました
DSC02495.jpgDSC02370.jpgDSC02352.jpgDSC02336.jpg2015年も無事に新潟の震央地の棚田でお米作りをおこない
収穫したお米を使って福島県郡山市の仮設住宅で炊出しをしてみんなで収穫祭をしました

新潟のメンバ—はもちつきをしてくれたり、ポップコーンを作ってくれたり
各地域の家族同士が仲良く、再会を喜びあいました
家族の再会は犬もありました
新潟メンバーの岡村さんはフレンチブルドックの子供を仮設のご夫婦に一匹譲っていました
この仮設のご夫婦は原発事故から避難の際に
愛犬を連れて行くことができず
落ち着いてから探しに行ったものの見つけることが出来ませんでした
お米作りや月命日で仲良くなった岡村さんは
仮設での暮らしも5年となり寂しいという話しを聞いて
三匹生まれたうちの一匹を譲ることにしてくれました

名付け親は自分にということで「じゅん」としました
おかげでこの日もそこかしこで「じゅん!じゅん!」と呼ぶ声が聞こえて
キャンドルジュンなのか?犬のじゅんなのか?とても紛らわしいことになっていました
福島市の幼稚園の親子も新潟の子供たちとの再会を喜び
終止外で元気に遊んでいました

DSC02322.jpgDSC02328.jpgDSC02332.jpg

この日貸してもらった集会所のある仮設も高齢者の方が多くいますが
福島の各地の避難しているみなさんと
若い親子が新潟に行って作ったお米で炊出しをしてみなさんにも振る舞う

そしてみんなで楽しく一日を過ごす
福島では避難者とそうでない方々との軋轢が生まれている話しをよく耳にします

補償を受け続けている人
一度受けた人
全く受けれない人
様々な人達が生活しています

そしてなかなか相容れないところもお互いにあるのかもしれません
ラブフォーニッポンの活動は仮設住宅だけではなく
幼稚園や保育園や小学校
時には地域のお祭り等にも参加します

そうすることで
さまざまな状況の福島の皆さんと交流を続けます
そして繋がりのある皆さんにその都度参加出来る方には参加してもらい仲良くなっていってもらいます
2年前までは仮設住宅のみなさんのみでのお米作りでしたが
福島市の幼稚園の親子も参加することできるようになり
そしてみなさんがそれぞれに連絡をとりあい
自主的に活動もおこなわれるようになってきました

DSC02444.jpgDSC02477.jpgDSC02489.jpgDSC02491.jpgDSC02492.jpgDSC02497.jpg
時間はかかりましたが
時間がかからなければ出来ないこともあるのだと思いました

今年はあたらしく
日光でのお米作りをスタートしました
東京からも新潟からも集まり
福島のみなさんと田植えをおこないました

最近では
放射性物質のこともあまり話題になりませんが
汚染物質が福島県外に送られて行く等
知らないうちに様々なことがおこなわれています
問題を解決するのではなく
なかったことにすること
それは政治がではなく
ひとりひとりの国民がしていることです

だれかに被害がということも
仮設で暮しているみなさんもですが
生産したけど売れない方や
観光に来てほしいけど‥
これはとくに福島県で起きていることですが
世界からみたら
日本をボイコットとしている人も多くいます

原災だけでなく
熊本地震など
今激動の時代に入っている日本で大切なことは動くことではないでしょうか?

抽象的ですが
それぞれがなにかにしがみついているのではなく
それぞれの動きが
すべての出来事をチャンスに変えることが出来るのだと思います

ラブフォーニッポンは熊本でも地元のみなさんと一緒に
そしてまた東北のみなさんとともに活動を始めています
どうぞ
これからもよろしくおねがいします
CandleJUNE
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ラブフォーニッポンでは熊本地震支援活動のための寄付をおねがいしています

三菱東京UFJ銀行

一般社団法人LOVE FOR NIPPON(イッパンシャダンホウジンラブフォーニッポン)

代々木上原支店(普通)0052628

※お振込みの際振込名義の頭にクマモトと記入後、お名前をいれてください

http://www.lfn.jp/support/

 

ラブフォーニッポンFB

https://www.facebook.com/LFN311

月命日に福島のみなさんからメッセージを授かっています

https://www.facebook.com/LFN311