report |

福島の仮設住宅でくらすみなさんとのお米作り

_0023443.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
福島県の仮設住宅でくらすみなさんと日光山久保地域でおこなっているお米作りツアー
夏のこの日は草刈りツアーとして開催してきました
福島のバスを山久保のみなさんと東京から参加のみなさんと迎えました
富岡町や川内村そして浪江町のみなさんと
このお米作りツアーも少しずつ様々な地域のみなさんが集るツアーとなってきました
_0023410.jpg_0023414.jpg
今回は
田んぼの草刈りはもちろんですが
地域のみなさんのためにもと田んぼ以外の場所の草刈りも福島のみなさんはおこなって下さいました
また山久保のみなさんもとてもながい流しそうめんを準備してくださり
山久保でとれた野菜をつかった餃子やしそおにぎりなどの振る舞いが用意されていました
このお米作りツアーを始めた頃は地域のみなさんとの交流はほとんどなかったのですが
今ではとてもにぎやかなお昼ご飯となっています
_0023433.jpg_0023419.jpg_0023438.jpg
それぞれがそれぞれに思いやりをもち
田んぼで一日を過ごす風景は
本当に素晴らしいものです
いつも仮設住宅であうみなさんの顔とはちがい
みんな生き生きとし
積極的に行動されます
_0023416.jpg
山久保地域は農業放棄地も多く過疎が進む地域です
地域の人はこんなににぎやかな山久保は久しぶりだと言ってくれます
仮設で暮らすみなさんは避難所で出逢ったころよりも若々しく見える時があります
自分たちはきっかけをつくっただけですが
今では仮設のみなさんの結束は高まり
そして
他の仮設の皆さん同士の交流も積極的におこなってくれます
そして山久保のみなさんともそれぞれに交流を深めて下さいます
震災から生まれた絆がそれぞれに勇気づけ
助け合いの繋がりを深いものにしてくれています
生きる事は食べる事
日本人が生きる
そこにはお米というものがあり
お米作りを1年を通しておこなっていくと年中行事が発生していきます
三年半の月日から福島県では自殺してしまう方が増えています
それは過疎地域での高齢者にも言える事です
お米をみんなで作るという事は
みんなで生きていくという事
このメンバーでつくったお米はもちろん自分たちで食べるものともなりますが
きっとだれかを笑顔にするお米ともなります
誰かのために生きる
誰かのためのお米を作る
そんなことではないかと思っています
悲しみを知った人の作るお米にはきっと”愛情”がつまっています
もうすぐ稲刈りの時を迎えます
CandleJUNE
 
ラブフォーニッポン
ラブフォーニッポンFB
Fukushima311
_0023454.jpg