report |

福島の皆さんと新潟で稲刈りを

福島の仮設住宅で暮らすみなさんと
新潟中越地震震源地の棚田でつくるお米作りの稲刈りに行ってきました
当日は晴天で
たくさんのすすきの木から見える光景は
一面黄金の景色で
急勾配の棚田は金色に輝いていました
前回の日光山久保地区での大根作りなどが雨で出来なかったため
この晴天の中稲刈りができるということで
みなさんとても喜んでいらっしゃいました
P9283268.jpg
東京や新潟からも集まったメンバーで
一斉に稲を刈りはじめました
腰の悪い方もたくさんいらっしゃいますが
それでも稲刈りの姿はみなかっこ良く
東京からの若者達にも丁寧に教えてくれ
時折、腰をのばしながらもみんな楽しく稲刈りをおこないました
P9283280.jpg
P9283276.jpg
そのあとは
みんなで作ってきたお昼ご飯を食べ
それぞれが楽しい話で盛り上がりました
P9283262.jpg
一休みしてからは
稲をわらでひとつひとつ縛り
杉の木のあいだをはわせたロープにかけていく作業をおこないました
これがこの棚田の特徴で
その高さは5~6メートルにまでもなり
棚田を吹きおろす風によって乾燥させていくそうです
P9283306.jpgP9283326.jpg
稲を束ねる人
それを上のはぜまで運ぶ人
集まった稲を杉の木の上にいる人に投げて渡す人など
みんなで協力しあっておこなう作業でした
P9283321.jpgP9283332.jpg
山の上にあるこの棚田は車を停めた場所から高低差200メートルくらいあるかと思われるところを
歩いて下って行きます
稲刈り作業で疲れきっていても帰りはその急坂を今度は登らなければいけません
P9283343.jpg
手を取り合いながら
時には山菜などを採りつつも若い人たちと話もはずみながら宿まで帰りました
この日は最後にたくさんのみょうがを採る事ができお土産にもらったりしました
P9283377.jpg
宿近くの
温泉にみんなで入りゆっくりと疲れを癒し
そのあと
宿の古民家に戻ると
地元のみなさんのそば打ち教室やピザ作りなどが用意されていて
みんなで取り組みました
P9283409.jpg
P9283422.jpg
また採れた山菜をみんなで天ぷらにしたりして
この日のよるご飯は
すべてが自然のもので手作りというあったかいごはんとなりました
P9283375.jpg
ここがかつての被災地であり中越地震の震源地でもありました
今年で9年を迎えましたが
こうした地元のみなさんが都会の人や被災地の皆さんを受け入れるといったことは
震災前にはしていませんでした
中越地震があって
たくさんのかなしみが生まれ
多くの支援をもらい
そして自分たちで立ち上がって来た復興があるから
今のこのツアーも
このよるご飯の賑わいも在るのだと思います
P9283422.jpg
放射能の悲劇をあじあうことはなかったけど
震災のかなしみを知っているこの川口だからこそ
福島のみなさんとの自然の交流が生まれてくれているのだと思います
毎年
この川口では10/23中越地震が起きた日がちかくなると
黄色いフラッグがたくさん町を埋め尽くし
”全国のみなさんありがとう”とたくさんの感謝の言葉が風になびいています
かつての被災地のみなさんは未だに
ありがとうの感謝を伝え続けています
そしてその場所に
その人たちに福島の皆さんは”ありがとう”を
そしてもちろん自分も”ありがとう”という気持ちを贈っています
これが本当の人の在り方なのではないかと
悲しみが繋げてくれた人のつながりが多くのありがとうを生み出してくれます
どうか
この3/11のたくさんの悲しみも
いつかみんなが感謝しあえるようになれる時がくるはずです
そのときにひとりでも多くの方が
”ありがとう”を伝え合える人がいれるように
今必要な事をしてもらえたらと願っています
どうぞ
みなさん
これからもラブフォーニッポンをよろしくおねがいします
ありがとうございました
CandleJUNE
P9283366.jpg
P9283340.jpg