report |

福島の雪

一月に入ってから福島によく通うようになっています
3/11の追悼式典などの打ち合わせも最近多くあるという事もありますが
春から秋までは多くの活動団体が被災地で活動しますが
この寒い季節はとても少なくなります
そしてここ最近では電力会社や国の動きが活発になり
良くも悪くも被災者にたいしての対応も一気に変化があります
仮設で暮らす人々ももちろんですが
その他の住宅で暮らす方、また避難者を受け入れている町のみなさんなど
福島のなかでは
それぞれに大変な状況が生まれているので
より多く聞き出すためにも足を運んでいます
P1196636.JPG
寒い季節ではありますが
夜中にでて朝方につく現地はとても美しく
その後の昼間から出逢う、つらく悲しい話とは対照的ですが
がんばって夜中のうちに家を出たくもなります
P1266677.JPG
東京の日常が始まる時間帯からの移動だと
あまりに現在の福島とのギャップを感じてしまうという事もあり
震災当時と同じような心持ちで向き合える時間に移動したいということもあります
P1266713.JPG
最近では津波被害もあり30キロというラインで大きく支援を遠ざけてしまっていた町
久ノ浜に通っています
ここはもっとも被災当時よく通っていた場所ですが
津波のあと火事にもみまわれ
ほとんどが失われた町となってしまった所です
P1266726.JPG
この沿岸部にあった商店街は現在
内陸の方にある小学校の敷地内に仮設商店街をつくり
商店のみなさんは
毎日いわき市の仮設住宅から通ってきて元気にお店を開いています
これまでいろいろな仮設商店街にお邪魔してきましたが
ここの商店街のみなさんは本当に素敵な方達で
また来たくなる商店街です
P1266731.JPG
以前にこちらでイベントをおこなったことを皆さんおぼえていて
また
ぜひやってほしいとみなさんからも言われています
ここは小学校の敷地内に建っていることから
子供達と商店街の人たちとの交流があり
双方にとってもとても良い関係が生まれていると感じました
P1266737.JPG
子供達も社会勉強として商店のみなさんと関わったり
また駄菓子屋を中心に子供達が遊ぶ場所にもなっています
利益追求が金銭的なものではなく
人のつながりにこそ利益がある
そんなものをここの商店街で感じられます
P1266725.JPG
遠方からツアーで仮設商店街をまわるようなものがありますが
ここの方達は自分たちの商品をがんがん売りつけるのではなく
お茶やコーヒーを無償で振る舞ったりしています
被災地のものを買わなくてはいけない
そんな支援の形が大切なのではなく
繋がる事の大切さを
この商店街は販売してくれています
この小学校は
一時は避難した子供達が多かったのですが
今ではほとんど以前と変わらない数の子供達が通っているようです
放射線を計る機械のあるところはしっかり除染されてるようですが
そうでないところはたくさんある
そんな話もよく聞きますが
今日はこのことは控えます
たしかにどこに行っても線量は低くなっているという事はありますが
東京電力は汚染水をとうとう、おおやけに堂々と太平洋に流すそうです
この春にむけて
国も電力会社も大きくアクションをおこしています
世の中が大きく話題にしなくなったからなのか
いろいろと想うところはありますが
それらひとつひとつをあげていき、批判ばかりでまとめることで
みなさんにもいやな気分になってもらうことで
この活動自体も地道なものになるという事はさけたいので
ここではあまりそういった問題提議をすることより
出逢っている中での”本当”を伝えたいと思います
磐越道をつかい
浜通りから仲通りへ
P1286776.JPG
郡山は雪が積もり
仮設も大変なことになっています
沿岸部の浜通りはあまり雪が降らない地域です
そこから避難しているみなさんはこのたくさんの雪がやはりつらいようです
ただ
これまで無機質な感じがしていた仮設住宅地はこの雪でまったく違うものにも見えます
P1286770.JPG
何度も通うここには
待ってくれている人がいて
お茶を出してくれるここは親戚の家のようにも感じてしまいます
P1286775.JPG
ここで聞く話では
最近では盛んに除染作業が進んでいますが
なかなかそれにまつわる問題が多く在るらしく
そのものに多額の予算が使われている事に快く思わない人がたくさんいます
このことも詳しく書く事は控えますが
あきらかに
”震災”とひとくくりにされてしまってはあまりにも
当てはまらない問題が溢れすぎていて
被災者の人たちは問題提議するちからもなえ
今ではそれらひとつひとつに対してもあきらめるような風潮が
出逢ってきている人すべてから感じられます
この寒い季節の中では派手な事もなかなかできないかもしれませんが
なんとか
すこしでもひとりひとりに”生きる”ための光を届ける事をこれからもおこないたいと思いました
ただ
イベント的な事をすると忙しくばたばたした時間で一日があっという間にすぎてしまい
避難している方々とゆっくりとお話をすることができないのですが
こうしてゆっくりお茶をしながら話ができる今の季節は
とても有意義な時間を過ごせています
ここからまた3/11にむけて慌ただしくなりますが
まだまだ被災地をにぎやかなことにしていきたいと思っています
世の中が
これまでの神戸や新潟の震災の復興イメージと重ね合わせてしまいはじめているので
意識的に福島での活動をあたたかなものにしていきたいと思います
みなさん
どうぞ
よろしくおねがいします
Candle JUNE
P1286829.JPG