report |

高校生と被災地へ

震災直後より
中央高等学院の高校生たちのグループ”キズナプロジェクト”さんたちから
ラブフォーニッポンは寄付を頂いていました
これは高校生達がJリーグ東京ベルディに協力してもらいチャリティーグッズを販売して
社会活動に役立てるという取り組みからです
震災からのこのつながりも
三回目を迎える今年は
ぜひ被災地の皆さんとの”もの作り”をしたいということで
山元タイムの山下さんを招きミサンガ作りをおこないました
P5109075.jpg
P5109052.jpg
これは9月におこなわれる東京ベルディの試合で販売を予定しています
この高校生達はまた
山下さんから被災地の今を聞くだけでなく
現地も行ってみたいということで
昨年から計画していた被災地を訪れるバスツアーを
ラブフォーニッポンがサポートし
今回8/10に実施してきました
昨年からのバスの高速事故など
距離などを考慮して
今回のツアーは福島のいわき市周辺に行く事となりました
P8102113.jpg
P8102144.jpg
はじめは
三春にある富岡町のみなさんが暮らす仮設住宅を訪れ
震災で流され出来なくなっていた盆踊りを復活させるという大切な日にお邪魔してきました
お祭りのお手伝いをということでしたが
太鼓をたたかせてもらったり
仮設住宅のお宅訪問をさせてもらったり
集会場でお母さんたちからおはなしを聞かせてもらったりしました
P8102121.jpgP8102124.jpgP8102134.jpg
P8102152.jpgP8102157.jpg
お昼はラブフォーニッポンが用意したバーベキューを仮設のみなさんと一緒に食べました
はじめはぎこちなかった子供達も積極的に話を聞いたり
手伝ったりと気がつけばご飯を食べるころには
それぞれが皆さんと仲良く話をしていました
P8102186.jpg
そこかしこで笑い声が聞こえ
仮設住宅にお住まいのお母さんも「こうした時間がとっても嬉しいね」と言っていました
P8102220.jpg
P8102171.jpg
またこちらの仮設には以前ラブフォーニッポンの女の子達が父の日に花の種をプレゼントしていましたが
そのひまわりがしっかりと咲いていました
種をプレゼントすることはとっても簡単なことです
それを育てることのほうが大変です
ですが
それをしっかり育ててくれて
見事に咲いたヒマワリをきっと一番みてもらいたいのは種をあげた人なのではないかと思うと
こうして
見事に咲いた花を一緒に見られる事がとても支援活動と似ているようにも思えお互いがありがとうだなあと感じました
P8102193.jpg
高校生たちは
最後にみなさんに歌のプレゼントをしてくれました
human noteという歌のグループのみなさんと一緒に
さいごはみんなで大合唱となりとてもすてきな交流となりました
P8102235.jpgP8102245.jpg
そしてこの日は山元町から山下さんも参加して下さり
子供達のためのバーベキューを一生懸命つくってくれました
宮城の被災された方と福島の仮設住宅の方との交流が
こうした形でもおこなう事ができたことも、とても良かったと思います
P8102262.jpg
P8102256.jpg
挨拶を終えて
子供達は山下さんにもお礼をし次の訪問地に向かいました
三春から沿岸部の町、四倉、久ノ浜へ
福島の津波被害地であったその町へと向かい
町のみなさんが開いている仮設商店街”浜風商店街”に到着しました
こちらでは実際に被害にあわれたお母さんたちから写真などの展示をみながら
震災当時の大変な想いを聞かせてもらいました
P8102268.jpg
P8102290.jpg
この日は夕暮れ時になっても暑かったのですが
商店のお母さん達は冷たいお茶をたくさん用意してまっていてくれて
子供達のことを気遣ってくれました
子供達はここでもみなさんに歌を歌いたいという事で
 human noteのみなさんと一緒に披露しました
訪問しはじめは消極的であった子供達もそれぞれが積極的に交流を持つようになっていて
最後には「現地に来て、そしてまた直接触れ合う事ができてよかった」と言っていました
P8102306.jpg
高校生たちがテレビやネットでみてきた被災地と
今回の
実際訪れて触れ合って来た被災地はきっと違うものだったと思います
これから迎える東京ベルディとのチャリティイベントにしっかりと体験してきた事が活かせてもらえたらと思います
夕暮れとともに常磐道を東京にむけて帰っていく高校生を最後まで見送ったときに今までにはない充実感を感じていました
P8102335.jpg
二年の月日が経ってもこうして何かしたい!
と思って活動してくれる高校生たちとまた卒業生たち
そして
その想いを形にしてくれる先生方と関係者のみなさまに
改めて感謝します
ありがとうございました
まだまだ
ラブフォーニッポンは現地との交流を続けていきますので
どうぞ
これからもよろしくおねがいします
CandleJUNE