report |

2013 12/11今年最後の月命日を山元町で

_0016882.JPG
2013,12/11を宮城県山元町で過ごしてきました
昨年最後の”月命日”はこれまで何度も訪れている山元町に行ってきました
そして久しぶりに
”山元タイム”でお母さん達といっしょに作る月命日キャンドルを作りました
_0017062.JPG_0016840.JPG
山元タイムでは
現在も仮設で暮らすお母さん達に”いちごたわし”を編んでもらっているのですが
その他にも様々な商品を作ってもらっています
今回は80個の限定キャンドルを一緒に製作しました
_0016836.JPGDSC_0121.jpg
今回の目的の一つは
この山元タイムを主催して下さっている山下さんのお宅にアドラジャパンさん(支援団体)
から提供いただいたコミニティトレーラーハウス”オレンジハウス”が建設されたということで
そのオープニングをラブフォーニッポンが開催することでした
_0017071.JPG_0016838.JPG
午前中はお母さん達とキャンドルを製作して
ラブフォーニッポンメンバーは午後から集まりオープニングの準備をしました
_0016850.JPG
メンバーの中には
中目黒にある”京ばんざい青家”さんも来て下さり
とってもおいしい料理の数々を山元町のお母さん達と一緒に作ってくれたり
毎回現地でバーベキューをおこなってくれる小金井さんや
塩竈からも平塚さんが海の幸をたくさんもってきてくださいました
_0016989.JPGDSC_0126.jpgDSC_0246.jpgDSC_0165.jpg
原宿からもコーヒーショップ“Free Peddler Market”メンバーが来てくださり
前回も山元町に来てくれた国元さんはマッサージメンバーを連れて来てくださいました
いつもさまざまな協力をしてくださるリトルイーグルさんからは
オレンジをあしらった素敵なリースが届きました
DSC_0068.jpg
_0016874.JPG_0016957.JPG
DSC_0131.jpg
ライブでは青谷明日香さんやイズミカワソラさんが仲間達とともに参加してくれました
_0016871.JPG_0017019.JPGDSC_0381.jpg
_0017069.JPG
そして山元タイム商品を販売して下さっていたフェリシモさんからは
これまでの売り上げ寄付金を使わせていただき
このオレンジハウスにクリスマスツリー一式とバトミントンやけん玉
ボードゲームなど地域の子供達や年配の方々が楽しめるものを提供させてもらいました
とても寒い一日でしたが前の日の寒さに比べたらとても暖かく
風もない一日だったので
夜にはキャンドルも灯すことも出来て
外でおこなったバーベキューにもたくさんの方が集まってくれました
_0016921.JPG_0016940.JPG
この地域は山元町の中でも津波被害を受けてしまった地域で
亡くなった方も多く
未だに多くの方々が避難生活を余儀なくされている地域です
多くの方が電車を利用していましたが
電車や駅も全損してしまい
未だに復興の予定が立たないこの地域からは引っ越しを決断される方も多く
人口減少率もトップになった町です
防波堤もなく防風林もなくなっている現状や
家族を亡くしてしまったこともあり
もう二度とこの地に住みたくないという方もいれば
何メートルか土盛りしなければいけなかったり
いくつかの町のルールもあったりはするものの
崩壊した家を修繕して、戻り始める家族も増えて来ています
そんな不安定な地域にたいしてなかなか公民館などの集会場建築計画を行政は進めることが出来ずにいました
そんな地域にたいして
アドラジャパンさんが今回トレーラーハウスを提供してくださり
それを山下さん宅が受け入れて下さったということです
DSC_0133.jpg
支援団体アドラジャパンさんは震災当時より山元町に緊急支援で入り
現在でも支援活動を町と共同でおこなっています
なかなか行政単位では対応出来ないことなどをおこなったり
自分たちのような他団体にも協力してくれ
多面的に山元町を支援し続けています
最近では
どこの地域でも支援団体の撤退がはじまっていますが
かわりに
被災者のみなさんが自分たちで立ち上げる団体なども増えています
自立という点から見たらとても良いことですが
地域の一部の人達からは
「そういった団体を立ち上げてたくさんお金をもらっているだけでしょ」と思われたり
「同じ地域の人だからこそ動きにくい」などの声も聞きます
どうしても
これまでの”震災”というケースで考えられてしまい
復興の段取りが組まれてしまうようで
津波や原発事故からの復興はその流れには到底おさまらないはずなのですが
「そろそろ自立」
支援アレルギー的なものも発生しはじめます
その世論や行政の姿勢に対してのいらだちや諦め、絶望感が多くの地域の方々から感じられます
山元町は合併した町で
北の山下、南の坂本が合併して山元町になったと聞きます
その二つの町のみなさんがまだ一つになりきれていないところに
地震と津波はやってきて
二つの感情からさらに今度は沿岸部の津波
その被災者のみなさんを山間部がむかえる形となりました
簡単には言えませんが
四つの地域の感情ができてしまったと言えます
国道から山側のみなさんには
たしかに沿岸部の方達の大変さはわかるが
支援がいっこうに受けれなかったという気持ちも発生しています
これは福島の場合もっと複雑に各地域での感情は様々なものとなっています
”震災”という言葉でまとめられてしまうと見えては来ないそれぞれの人達の被害
東北の方々はどなたも我慢強く
それぞれの問題をなかなか声にしません
きっと先の見えない不安は地域の中で溢れ始め
悲しいかな同じ町の人たち同士
同じ県民のあいだの確執に発展しかねないことが
震災から三年目という今年さらに増えてくると思います
行政は平均主義
大きな支援団体は
海外支援などもおこなっているので
今回の震災に関してだけでないアクションにも移行していきます
震災支援も
この三年を区切りに規模を縮小していく所も多くあると思われます
そんななかでも
”支援”という言葉で括られることなく
それぞれの地域の方達と共同作業をつくりだし
それぞれの方達の大変な想いを”聞く”ということができるように
これからもラブフォーニッポンは被災地のみなさんとともに在りたいと考えています
こちらオレンジハウスの開所式で
自治会長さん挨拶の中にもやるせない想いがたくさん言葉として溢れていました
それでも
こうして新しいコミニティハウスが出来たことによって
みなさんが集まることが出来てお茶をしたり
物作りをしてみたり、外部の人達との交流が生まれたりが始まります
_0016930.JPG
この日
地域のハーモニカ演奏の得意な方のステージがありました
ライブが終わって
いっしょにバーベキューをしたりと
垣根なく過ごし
終わりの挨拶のときにも自分たちへと一曲プレゼントして下さいました
活動を始めてから三年近く経つ月命日でしたが
地域のみなさんとともに作り出せる月命日ができたと思います
今年もさらにみなさんとともにがんばっていきたいと思っていますので
どうぞみなさん
今年もよろしくおねがいします
CandleJUNE
LOVE FOR NIPPON FB
DSC_0096.jpg