report |

2017.5/11月命日ロードスタッフレポート

お天気も良くて、鯉のぼりも気持ち良さそうに力強く
泳いでた、5月11日。

『LOVE FOR NIPPON月命日ロード』

福島県いわき市久之浜こども園にお邪魔させて頂きました。

この地域は津波被害があり、元々の園舎も津波で無くなってしまったそうです。

そして、こども園から海の方に少し
歩いて行った場所にある神社。

回拝柱と鳥居は倒れたものの
この神社だけは流されなかった。
奇跡の神社だそうです☆。

きっと力強く泳いでいる鯉のぼりのように、
とてもとても強く強く、
あの場所を守っていたんだろうなぁと

これからも、あの場所で、
街の人を見守っていてほしいなと思いました。

またこの場所に帰ってきたいと思いました。

この日も、たくさんの、

「たのしいね、うれしいね、おいしいね、ありがとう!!」

とたくさんの笑顔が生まれていました。

私は月命日ロードで手作りのハーブティをマッサージルームでみなさんに提供しています。

あるお母さんが

「震災当日に、妊娠がわかった。
それからの日々は 必死の毎日だった。
だから、6年という月日はあっという間であり、
長くもあり。。。」

そんなお話を ハーブティーを飲みながら、
ゆっくり、ゆっくりして下さいました。

もっと現地のリアルな声をリアルに。

『LOVE FOR NIPPON』の仲間たちと共に、伝えていけたらなぁと思いました。