report |

6月11日の月命日

6/11 月命日福島県いわき市訪問

原発事故によって避難生活を続けている双葉町の幼稚園
双葉町幼稚園を訪問してきました

幼稚園の子供たちの人数は少なかったですが
とても元気で
保護者の方々も参加してもらいました
ユンリンさんの体操から始まり
アメリカから参加のKATさんと谷本賢一郎さんのライブは子供達を楽しませてくれました

双葉町は原発のある町で
多くの方々はいわき市に避難されていますが
避難先に落ち着きはじめている方も増えて来ているようです

少数ではありますが、皆さんとお話しもできて
今の双葉町の現状を色々と教えていただきました

午後からはいわき久之浜にある浜風商店街にてイベントを開催しました

こちらは津波被害と火事の被害があった場所ですが
少しずつ住民の皆さんも戻りつつあり
商店街も生まれ変わりました

ですが
一年経つと撤退する店も出てきました
少しでも
この商店街を知ってもらうために
商店街の会長さんとこの月命日にイベントをやりましょう!となりました

イベント開催前に
集まった方々と一緒に
「福島について」を語り合うワークをおこないました
避難生活を続けている方もいれば、県外からきている人たちも
みんなで福島について思うことを語り合い、問題点や
良い点などを見つめて見ました

この日は
宮城から山元タイムの山下さんも参加してくれていたのでワークショップも行ってもらいました
いつもの仲間たちが集まり、お昼ご飯もそれぞれに各店舗でいただき
地域のみなさんと交流を深めました

夕方からのキャンドルナイトライブですが
キリハレバレさん、KATさん、高橋てつやさん
谷本賢一郎さん、山さん
と嬉しいことにたくさんのアーティストが参加してくださいました

6月9日に六本木ヒルズにて行われた山本寛斎ニッポン元気プロジェクト
http://www.kansai-inc.co.jp/ngp2018/
にて福島の皆さんへのメッセージを集めたところたくさんのメッセージが集まりました
そのメッセージをこの月命日に灯しました

原発事故から8年目を迎えていますが
その被害状況に対して世間の関心の薄れを六本木では感じました

またその反面
最近の月命日には参加したいと言う新たなボランティアの方々が増えてきています

自分たちが継続して行なっているこの活動が
福島のことがずっと気になっている方々と福島を繋ぐ役目となれたらと思いました

11/11の月命日は二本松市の菊人形祭りにてイベント開催してきましたが
天気も良く各地から集まったスタッフとたくさんのお客様で大盛況でした

12/11は福島市の幼稚園訪問を予定しています

今年最後の月命日となりますが
参加されたい方は是非連絡ください

どうぞこれからも
ラブフォーニッポン を
よろしくお願いします

CANDLE JUNE

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ラブフォーニッポンでは支援活動のための寄付をおねがいしています
三菱UFJ銀行
一般社団法人LOVE FOR NIPPON(イッパンシャダンホウジンラブフォーニッポン)
代々木上原支店(普通)0052628
http://lovefornippon.com/donation
これまでの活動レポートはこちらをご覧下さい
http://lovefornippon.com/report
ラブフォーニッポンFB
https://www.facebook.com/LFN311
月命日に福島のみなさんからメッセージを授かっています。ぜひひとりひとりの想いを読んでみて下さい。
https://www.facebook.com/LFN311

毎月参加してくれている谷本賢一郎さんのレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

/11(月)LOVE FOR NIPPON
福島県いわき市久之浜の商店街 浜風きららで過ごしました。
午前中は、双葉町からいわき市へ避難されてる双葉幼稚園を訪問。
子どもたちの人数が9人と、とても少ないですが、
子どもたちはめちゃくちゃ元気で、一緒に歌って踊りました。
原発事故から8年目と、とんでもない月日が流れてもなお、
まだふるさとに戻ることができないということは、やはり良くないことだと感じますが、
子どもたちが元気に笑っていることが、一番の希望かな・・・と真剣に思います。

そして、午後
お昼ご飯は、久之浜の浜風きらら商店街の からすや食堂さんへ。
ラーメンと半チャーハン。美味しかったー♫シンプルな味が一番落ち着いていいねー♫
LOVE FOR NIPPONのサイン色紙もあるので、観光に出かけた際には、食事プラス、サインもお楽しみください。

そして、浜風きらら商店街は、郵便局からカフェ、美容院、洋服店、お食事処など、いろいろあります。

この地区は、津波の被害だけでなく、火事もひどかったそうです。
もともと家があった場所は、整備され何もなく、まだまだ商店街だけが、ポツンと建っている状態です。

そんな場所に商店街をなぜ建てたのか?
そのおもいは、
また、みんなに帰ってきてほしくて、そしてみんなが帰ってきた時に寂しい気持ちにならないように商店街を開けて、みんなを待ってくれているとのことです。

是非、みんなにも観光に、ドライブに、遊びに出かけてくれたらなーと思います。

とのがみさんのお刺身、めちゃくちゃ美味いです。
そして、和さんで食べた、郷土料理のポーポー焼き定食。
こちらもめちゃくちゃ美味い!!
お魚のハンバーグみたいなものですよー♫