report |

4月の月命日を福島で

_0020709.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4月の月命日を東北で
4月11日
月命日に作る山元タイムの山元キャンドルの制作を11日の早朝から山元タイムでおこなってきました
前日の夜に東京をでて
早朝に宮城県山元町に入りました
_0020732.jpg_0020739.jpg
久しぶりに山元町の沿岸部をまわりましたが
ほとんどのがれきは撤去され
たくさんの大型ダンプが行き交っていました
山下さんと合流し早速キャンドル作りを始めました
三回目の制作という事もありだいぶ手慣れてきました
今回は流し込みの作業をしましたが
この後は山元タイムのおかあさんたちがひとつひとつを仕上げていきます
_0020717.jpg_0020719.jpg_0020722.jpg
キャンドルの制作をしていたらメンバーのお母さんが差し入れのいちごを持って来て下さいました
もっと
山元タイムでゆっくりとしたいところだったのですが
この日は福島の仮設でイベントをおこなうために
お昼には山元町をあとにしました
_0020742.jpg
福島は
郡山の南一丁目仮設住宅に集合しました
3/11が一年の終わりであり始まりでもある
そんな節目と意識している中では
4月の月命日は一年の始まりの月命日です
始まりの月命日は一番交流のある
そしていつもごはんをつくってくれて待っていてくれたり
イベントも一緒に手伝ってくれるお母さんたちがいるこの仮設住宅から始めようとなりました
P4115440.jpg
お母さん達は
この日もたくさんのごはんを作って待っていてくれて
東京から合流したメンバーも入れ替わりにみんなで頂きました
ご飯を頂いてから仮設集会場のほうでイベント準備をはじめ
外ではバーベキューを、そして中ではビンゴゲームや体操、マッサージなどをおこないました
_0020816.jpgP4115472.jpgP4115470.jpgP4115453.jpg
仮設の人はもちろん
聞きつけてきてくれた家族などたくさん集まってくれました
夕方からみんなでキャンドルナイトをしたのですが
キャンドルを入れるカップにそれぞれの今の想いも書いてもらいました
故郷に帰りたい気持ち
避難生活が4年目に入りやりきれない想いや、孫といっしょに暮らしたいなど
いろいろな気持ちを書いてくれました
_0020790.jpg
DSC_5189.jpg
DSC_5252.jpg
この日は
大阪ラブフォーニッポンにも参加してもらった
山田将司(THE BACK HORN)さんやATSUSHI(Dragon Ash)さんも合流してくれました
ライブをするということではなく
一緒にご飯を食べたりみなさんとお話したりと深く交流してもらいました
DSC_5222.jpg_0020807.jpg_0020811.jpg
この南一丁目仮設の隣には
ビックパレットという施設があり震災当時は一番大きな避難所となっていました
お母さん達とは
その避難所時代からのお付き合いですが
この仮設が出来てしばらくしてから
一度こちらでキャンドルナイトを行なった事があります
その時に
まとめ役で今でも一番がんばってくれている富子さんの旦那様に
「みんなの事をよろしく頼みますね」
と言われました
あまり積極的ではないお父さんから
こっそりと言われたような感じだったのでとても印象に残っていたのですが
お父さんはそれからしばらくしてお亡くなりになりました
あれからまた何人かがこの世を去り
病気が酷くなり
なかなかでて来れない方もいます
それでも
このメンバ―が仮設で寂しくしてる人がいたら仲間にいれてくれたり
他の仮設でのイベントにもきてくれて
その人達とも仲良くなってくれたりしています
ラブフォーニッポンの家族達です
みんないつのまにか
「ただいまーげんきだった?」
そんな挨拶をかわすようになりました
今日はそこに新たなメンバーも参加して
”だるまさんが転んだ”をしてみたり一緒にバーベキューをしてみたりと
楽しい月命日の時間を過ごしました
3/11に土屋秋恆さんに書いてもらった桜の絵をこちらの仮設にも届けてきました
富岡の桜はみんなの誇り
みんな
桜の絵を本当に喜んでくれました
DSC_5303.jpg
_0020876.jpg
_0020792.jpg
_0020795.jpg
ラブフォーニッポンは4年目の活動が始まっていますが
仮設の生活も3年経ちました
ここの仮設で生まれた子供もいます
今年の3月11日という一日はたしかにあの日から三年という節目で
多くの関心が被災地に向けられました
とても大切な事でもありますが
ここでは毎日避難生活が続いています
”震災”ではない理由からです
この問題にたいしてもっと多くの日本の大人達が向き合わなければ
この仮設で生まれたこどもたちの未来は築けないと思いました
DSC_5274.jpg
震災から半年くらい経った時に
あるお母さんからこんなことを言われました
「小学4年生の娘がね「もうわたしは大きくなっても結婚できないんでしょう?」って言ってるの!
絶えられなくてねえ」
福島の各地で様々な差別にあっている話を聞きます
けして福島のみなさんが作り上げているものではありません
放射能が本当に恐ろしいのか
それ以上に人間自体が恐ろしいのか
被災地ではいまだに毎日避難生活が続いています
あらためて支援のお願いをしたいと思います
ご寄付や物資提供など
ラブフォーニッポンにどうぞよろしくおねがいします
まだこれから新たな仮設にも訪問していきます
そして
これからも月命日を仮設で孤独にむかえないように
すこしでも多くの笑顔が生まれるようにこれからも活動を続けていきたいと思っています
みなさん
ご協力のほどよろしくおねがい致します
CandleJUNE
ラブフォーニッポン
ラブフォーニッポンFB
Fukushima311
DSC_5281.jpg