report |

6/16@山元町役場・亘理町災害ボランティアセンター

◇6月16日、山元町役場と亘理町災害ボランティアセンターで
LOVE FOR NIPPON アクションとして青家さん、HRHさんによるデザートと
STARBUCKSさんご協力のもとアイスコーヒーの提供を行ってきました。

GASさん(ELDNACS Inc. / LOVE FOR NIPPON)からレポートが届きましたのでご紹介します。

山元町は一番炊き出しを多く行っている地でもあり
一番始めにまとまった物資を持って、大規模な炊き出しを行った地です。

自分は4月11日以降、久々の訪問となりましたが
仮設の庁舎も立ち、国道からの入り口脇の樹が生えていたスペースも駐車場となっていたり
炊き出しの形態が変わり、現地での雇用になっているなど
様々な点での変化がありました。

今回は、ギリギリまで山元町社会福祉協議会との調整を図った結果、
炊き出しをすることで、現地の雇用をストップさせ、
またその調整によって負担を掛けてしまうのではなく、
もっとシンプルなサービスの提供をという結論となり「副食の提供」となりました。

現地に到着次第、全員での挨拶もほどほどに12:30~のサービス提供への準備を進め、
さすがに全員がプロということもありあっという間に準備が完了しました。

その後、参加頂いたチームから代表者に地元災害FMラジオ「りんごラジオ」にご出演頂き
サービス内容のお知らせを頂きました。

12:30~副食の提供がスタート。

提供メニューは

青家さんチーム
手作りわらび餅
豆乳入り抹茶のシフォンケーキ
バナナミルクプリン

物資として虫除けグッズ等、
調味料シリーズ(ミツカンさんご提供)

HRHさんチーム
季節のアメリカンチェリー
※LOVE FOR NIPPON アクションで使ってくださいとエプロン(cocofukuさんご提供)も頂きました

STARBUCKSさん
STARBUCKS ViA ICED COFFEE

となっています。

山元町役場の中央公民館避難所には200名程度の方が暮らしており
平日は50~100名程度の人数になるということでしたが
予想していたよりも多くの方にお集り頂き
終止和やかな雰囲気の中で次々とデザートやアイスコーヒーが手渡されていきます。

LOVE FOR NIPPONもすっかり山元町役場、及び中央公民館の方に認知頂いているようで
再会を喜んで頂く場面や何気ない会話も自然と盛り上がり、
良い形でコミニュケーションが取れたのではないかと思います。

STARBUCKSさんはパートナーと呼ばれるスタッフの方がコーヒーを入れていたのですが
中には今回のために北海道から駆けつけてくれた方にいらっしゃいました。

副食の提供も落ち着いた頃、STARBUCKSさんと共に全国を巡っていた
斉藤誠さんがアコースティックLIVEを始め、
避難所の方と共にLOVE FOR NIPPONメンバー達も
その人柄そのままの優しい歌と音色に聞き入りました。

その後訪れた亘理町災害ボランティアセンターには
約150名のボランティアの方が入られていました。
冷たいコーヒーはとても喜ばれ、
中にはいつも車で30分かけて
STARBUCKSさんのコーヒーを買いに行っているという方もいらっしゃいました。

提供したメニューは本当にどれも好評で、
LOVE FOR NIPPONならではのサービス内容となりました。
山元町から亘理町災害ボランティアセンターでのサービス提供まで
時間にして12:30~16:00。
短いように感じますが、とても良いテンポで行うことができました。

今現在、仮設住宅の建設は進み
第6次の計画まで、600戸1733名の入居が完了しているとのことで、
今後328戸が建設されます。
すでに閉鎖になった避難所もあり
小学校などの体育館なども元々の機能を取り戻しつつあるようです。

これからも、
このように日々変わる現地状況に柔軟に対応し
その中でLOVE FOR NIPPONができることを
効果的に、素早く取り組んでいきたいと思います。

6.16LOVE FOR NIPPON ACTIONご協力頂いた皆様(敬称略・順不同)

中目黒 どんつきの一軒家 青家
青家
HRH
STARBUCKS COFFEE JAPAN
cocofuku
ミツカン
avex management Inc.
斉藤誠
福田春美
青山有紀
近田まりこ
岩佐篤樹
小杉健太朗