report |

8月の月命日を会津若松にある大熊町の小学校で

DSC_9979.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
八月の月命日は
原発のある町大熊町の子供たちが通う会津若松市にある小学校を訪ねてきました
大熊のみなさんは
震災直後より会津若松市河東町に避難しました
大熊の小学校は二つあったのですが現在では
大野小学校と熊町小学校あわせて128名とのことです
8/11は夏休みということもあり多くの家族が会津を離れてしまっている可能性があり
夏休み前にチラシを制作して子供たちや地域の方々、幼稚園などにも配布しておきました

DSC_9986.jpg

大熊町は

もともとは大野村と熊町村が合併した町だそうです

震災後に避難した町会津若松市河東町は

大和田地区と熊野堂地区が合併した町だそうで
こちらも合併した名前こそ河東ですが大と熊の地区の集まりということで
この偶然を地域のみなさんがとても大切にして下さり
震災直後浜通りのみなさんの多くは会津地方に避難したのですが
雪が多かったり様々な理由から会津を離れる方が多かったのですが
大熊のみなさんは河東町にとどまっています
学校関係者のみなさんも
ですから
「ぜひこの地域の方々が喜んでくれることをしてほしい!!!」
とおっしゃっていました
_0023082.jpgDSC_0086.jpg
DSC_0247.jpg
当日は
いつものマッサージやヘアーケアチーム、バーベキューチームに加え
スマイルスタンドPhoto Boothというその場で写真が撮れるブースをハイランドさんhttp://www.highland-tokyo.com/photo-booth
が持って来て下さったり
ライブでは
ラビラビさん
カラトユカリさんをはじめ
子供番組で大人気の
谷本賢一郎さん(フックブックローのケッサクさん)や
車椅子で精力的に活動を続ける森圭一郎さんなど
多彩な出演者がみなさんの前で演奏してくださりました
DSC_0078.jpgDSC_0085.jpgDSC_0100.jpg
DSC_0124.jpg
また
大道芸くるくるシルクさんもいつもよりもメンバーの多い
くるくるシルクデラックスとして登場して下さり
小さな子供から高齢者の皆さんすべてを笑顔にしてくれました
地元会津出身で現在は復興大使もつとめる越尾さくらさんも終日お手伝いしてくださり
森さんとのセッションなどみなさんとの交流をさらに盛り上げて下さいました
DSC_0064.jpg
福島市からはアポロガスさんが
キャンドル作りワークショップで参加してくださり
月命日に灯して来たキャンドルの再利用でまた色とりどりのキャンドルをみなさんといっしょに制作してくれました
台風直撃の後でもあったので天候が心配だったのですが
ラビラビのライブの途中には大きな満月が顔を出すなど
とてもドラマチックな一日となりました
思っていたより
なかなか人の集まりが少なかったのですが
普段のロードは仮設住宅が中心となっているので
その仮設に暮らす方々に対しての活動となりますが
今回は小学校でおこなったことで
地域に暮らしている家族のみなさんが集ってくれたり
これまでのラブフォーニッポンの活動でご縁が生まれたみなさんが集ってくださいました
毎日の学校でも大型バスが各地域や仮設をまわって通学をしている学校です
夏休み中ということもあり
それぞれのご家庭の車で集ってもらう他すべがなかったので学校周辺のみなさんしか来場できなかったことは残念でしたが
一日をかけての交流がもてたことで
避難生活をされている方々同士の情報交換や
地域のみなさんとの交流がもてたことは非常に良かったと思います
_0023114.jpg_0023116.jpg
お母さんと子供は会津で生活を続け
お父さんだけは原発で日々働き月に二度ほど会津に帰ってくる
そんな家族が多くいらっしゃいます
みなさんそれぞれに誇りをもち
原災からの避難とともに復興活動もおこない続けています
そしてまたそんな家族を暖かく受け入れている会津地域のみなさんがいらっしゃいました
2011、3/11に起きた震災からの避難ではなく原発事故からの避難生活は
より複雑な問題を生んでいます
これからも月命日を福島でより多くのみなさんとともに過ごし
少しでも多くの笑顔を作るとともに
それぞれの現状のお話を聞かせてもらえたらと思っています
どうぞ
みなさんこれからもラブフォーニッポンをよろしくお願い致します
CandleJUNE
DSC_0330.jpg
 
 
ラブフォーニッポン
ラブフォーニッポンFB
Fukushima311
最後に
活動をともにするスタッフのレポートです
2014,8/11ラブフォーニッポン月命日ロード活動報告
ラブフォーニッポンスタッフより
– – – – – – – – – – – – – – – – – –
DSC_0140.jpg
想像しています
2011年3月11日
東日本大震災があった日から震災後
テレビでは津波の様子がたくさん流れていたり
インターネットでは震災の様々な情報が出ていたりそういった情報から
現地の事をたくさん想像してきました

そして
現地に行っています

そこで
多くのかたの
ひとりひとりの話を聞いて

たくさんの情報と現地で伺う生の声を聞いて
想像を現実に近づけます

そんな事を改めて感じた
2014年8月11日。

8月11日の月命日は
原発のある町
大熊町の子供達が震災直後から避難した大野小学校へLOVE FOR NIPPONのみなさんと行かせて頂きました

そこで先生が震災直後の色々な話をしてくれました

震災直後に避難した子供達

大熊町の子供達は大型バス18台で
大野小学校へ登校したとのこと

想像する

自分に置き換えてみる

1年に一度
新学期が始まる頃に
学年に1人
いるかいないかの転校生

それが
震災があったとき
18台のバスでたくさんの子供達が違う学校に転校するということ

たくさんの友達を受け入れる
大野小学校の生徒

通わせる親
受け入れる学校の先生

震災がありバス18台分の人数の子供達が転校する

ひとりひとりどんな想いだったんだろう?

私の想像では思い浮かばない出来事が現実にたくさん起きていることを知りました

転校の日
大熊町の子供達はうつむきながら
登校したとのこと

今では
子供達は環境にも慣れてきているようですが
新たな問題もあるそうです

現地に行くとグッと涙を飲み込む話や
ホッと心温まる話
その町々にある匂い
体で感じる空気感

想像している事を
全身で感じます

そして
現地での本当の嬉しい出来事や本当に苦しいこと
これからの未来についてなど
たくさんのお話しをすることができました

私は初めて大野小学校へ行かせていただきましたが
新たな出会いがたくさんありました

笑顔になって子供達のことをお話ししてくれたこと
悲しい顔になって子供達のことをお話ししてくれたこと

想像していたことと
現地で伺った話を自分の中で整える

大切な想いを伺うことができました

子供達の笑顔が見れた実りある1日になりました

そして
また会いたい人が増えました

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
DSC_0277.jpg