report |

ラブフォーニッポン現地活動報告811

8月11日の月命日は福島県本宮市 高松宮観音寺さんで行われる

イベントのお手伝いをしてきました

このイベントは昨年も行いましたが

とても良かった!と多くのみなさんの声をいただき

今年もぜひ!ということで実現しました

このタイミングはお盆の連休で、どこも渋滞が発生しますが

東京チームは昨年の反省から6時出発したものの

やはり5時間から6時間かかってのスタートとなりました

到着するとまず福島チームのお母さんたちがたくさんのご飯を用意して待っていてくれました

とはいえたくさんの来場者が待っていてくれたので

急いで

マッサージやワークショップをスタートさせて

LFNブースもオープンしました

会場では

スペインの子供番組ジェリージャムからベロくんと

神戸わるキャラのわるタンも認知度抜群で人気者でした

特設ステージにLFNからは

越尾さくらさん

高橋てつやさん

宮崎ひとみさん

谷本賢一郎さん

yaeさん

と昨年同様にたくさんのアーティストが出演してくださいました

ワークショップでは

もとこさん親子が行うスライム作りワークショップが子供達に大人気でした

山元タイムから山下さんも来てくれて

福島タイムの折り紙ワークショップもずっと人が途切れませんでした

昨年と違う点は

お寺の皆さんがとても積極的に動いてくださいました

子供達が楽しめるワークショップを開催したり

大きなシャボン玉や竹馬など

昔ながらの遊びを体験できるようにして見たりと

いわゆる昔ながらの

「地域の人たちが集まるお寺」の役割を

この月命日のお盆に作り出してくれました

悲しむことではなく

祈りそして

改めて感謝するお盆の月命日

昨年の一回で終わることなく

こうして今年も呼んでもらって一緒に作らせてもらえることが

とても嬉しく思えました

「自立」を促すこと

ではなく

震災、津波、原発事故の被害から

様々な学びを得た福島の皆さんたちが出した答え

「共に生きることの大切さ」

たくさんの問題はあったとしても

少しでもみんなで笑顔が生まれるように

それぞれができることで繋がる

被災地支援のあるべき姿ではないかと思います

「おたがいさま!ですから」

日本人にある

本来の共に生きるための挨拶

11日の月命日に福島の皆さんと作るこの、おたがいさまな一日は

子供達のための一日です

また未来の子供達のために繋いでいく大切な一日です

悲しみだけを伝えるのではなく

そこから学んだ「生き方」を喜びに包み込んで伝えていくこと

お寺での月命日は

改めてそんな思いにさせてもらえました

12月11日

今年最後の月命日は

原発がある街、大熊町の皆さんが避難生活を続けている

会津の仮設住宅での開催となります

どうぞ

みなさま

これからも

ラブフォーニッポンをよろしくおねがいいたします

ありがとうございました

Candle JUNE