report |

8/19宮城県山元町現地活動レポート

宮城県山元町にて活動してきました
今回はこれまで何度も訪れてきたこの町で
新たなアクションの形を試みました
震災当時の炊き出しは役場倉庫前から始まりました
その炊き出しにおいて様々なメニュー展開をおこない
また物資提供も同時におこない始め
さらには子供たちのために
大道芸やわたがしなどの提供もおこなってきました
そこには常に前回よりもより良い形をという気持ちと
当然現地の変化に対応できるようにという想いもありました
そして
仮設を訪ねる時もあれば
公共の場所でイベントのようにおこなうといった
進化の形と変化への対応をしてきました
今回のイベントでは風船を二人ではさんで競争したり
借り物競走をしてみたりと
運動会的なメニューをつくり、幅広い世代のみなさんが
ゲームをたのしみ、その賞品として物資があるという形をとりました
もちろんそれ以外にも
サッカーをやったり長縄跳びなどもおこないました
食べ物のほうもバーベキュー形式にして
現地のみなさんも食材をもってきてくれたり
日よけ用のテントやテーブル、イスなども用意してくれました
炎天下のなかでしたが集まったみなさんがそれぞれに手伝ってくれ
昼から夜までの一日を本当に多くの人が楽しんでもらえました
東京からはOKレーベルのみなさんが子供たちと
サッカーをおこないにきてくれました
ライブでは東京NO1ソウルセットの渡辺俊美さんにきてもらい
その後はSTAND WAVE ,小久保淳平と続きました

大道芸のみなさんも世界チャンピオンをやぶったみたまさんをはじめ
いつもきていただいているドルフィンマジックさんなど
たくさんの芸人さんがその場をもりあげてくれました
被災地でもある宮城の他地域のみなさんが
これまでの活動で繋がりが出来た方々も手伝いにきて下さったりと
支援活動という言葉には収まらない
喜びに溢れた一日を現地のみなさんとつくり出す事ができました
少しずつですが
ここ山元町でのもの作りも始まっています
そこに参加してもらっていて
今回のように一緒になってイベントをつくれる人もいますが
そうでない人もいます
仮設で暮らす人もいますが
在宅で困っている人や
また人間関係がうまくいかない地域や人もたくさんできています
すこしでも
こうしたにぎやかな一日をつくり出す事ができると
本当に多くの人が集まる事になり、様々な方々の交流が生まれたり
いっしょになってイベントをつくり出していこう!
自分たちでもなにかアクションをしよう!という気持ちの芽生えにも一役かうことにもなるのだと感じています

こうしたイベントで様々な環境で暮らす
たくさんの人と接する事で今の被災地を知る事にもなるし
ある意味
本当に必要な支援とは何であるのかを感じる事にもなるかと思います
世間の関心は薄れ
現地に訪れる人の数が激減し
また現地に入ってもそこに入り口がないという現状もありますが
確実に問題は複雑になり
修復不可能な心の問題にまで発展している人が増えています
これまでの震災被災地とはあまりにも規模が違い
個人それぞれにたいしてのケアたりず、まとまったコミニティとしての仮設入居がなかったほとんどの地域で
人間関係や心の問題が増えてきていると思います
常駐して活動しているわけではないのですが
常駐している団体には出来ない事があります
役場のみなさんや常駐している団体の方々ともしっかりと連携をもち
自分たちにしか出来ない事を今後も展開していきたいと思います
あらためてみなさんにおねがいします
いまこそ
それぞれのみなさんにしか出来ない事で
被災地にアクションをおこす時だと思います
どうぞ
なんらかのアクションをよろしくおねがいします
今後も継続的に現地アクションおこなっていきます
なにかありましたらどうぞ
なんなりとお声がけください
ありがとうございました
Candle JUNE