report |

8/25 福島郡山ビックパレットにて

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月25日
福島郡山ビックパレットにて
ラブフォーニッポンロードを開催してきました
24時間テレビの福島会場であるビックパレットにて
共催と言った形でおこなわせてもらいました
ここビックパレットはかつて避難所として多くの避難されている
方々が生活をしていました
閉鎖されてからは地震の被害もあったので
ずっと修繕工事がおこなわれていました
たくさんの出逢いのあったビックパレットでイベントを開く事で
普段なかなか出逢えない在宅の方々やかりあげアパートのみなさんとも交流がとれる大切な時になると思い企画しました
当日は早朝から準備にとりかかりましたが
ビックパレット隣にある南一丁目の仮設住宅にお住まいのみなさんがたくさんのご飯をつくってくれていました
参加したスタッフはみな喜び、一年前とは違う今を感じました
今回はいつもの大道芸のみなさんや
brotherKONEさん、小久保淳平くん、宮崎ひとみさん、soraさん、
STAND WAVE、ATSUSHIさん
ORANGE RANGEのみなさんなどたくさんの方がステージを展開してくれました

またHRKさん、メイドインアースさん、秀ちゃんラーメンさん、
松本養蜂場さん、CHUMSさん
トランジットさん、双葉町のみなさんモアプロジェクトさんなどが
出店してくださり
格闘家金原さん、写真家の橋本剛志さん、石井麻木さんなど
たくさんのかたが参加くださいました

カメヤマローソクさんの協力のもと福島のみなさんにメッセージをキャンドルホルダーにかいてもらい
キャンドルメッセージなどもつくりました

一日の開催でしたがだいたい5,000人くらいの
来場者があったと思います
仮設で暮らす方々や、このタイミングで福島に帰ってきていた方
アパートに暮らす避難者のみなさんなど
とてもたくさんの方と交流を持つ事が出来ました
24時間テレビの総合的なタイトルは”未来”でしたが
ここ福島の未来はどこにあるのだろうと
未だ解決はほど遠いこの福島の問題が日本にはあるはずなのに
震災からわずか一年半でも、ここ福島が忘れられてきている
もっとここ福島のことを語り合わなければいけないはずが
語りづらくもなってしまっています
自分もたくさんの福島を語れるわけではありませんが
こうして自分たちがやってくるといったら
待っててくれるお母さん達が今ではいます
”ありがとうはおだがいさま”
そのひとりひとりが今の福島を語ってくれます
”フラダンスを練習して披露するからね”と仮設の仲間達と
参加してくれるお母さん達がいます
”みんなでキャンドル並べるの手伝いにいくね”

過去の事を学び、今日を精一杯生き、そして喜びあう
そして明日という”未来”を生きる
先の未来を語るにはあまりにも残酷な福島ですが
このイベントをおこなった一日は本当に喜びに溢れたものに
また支援という形ではなく
本当にみんなで作り上げた一日となれたと思います
だから”またかならず来年もやろう”といいました
来年のそのときまで元気にいてほしい、来年にはもっとこんな事
あんなことをいっしょにやろうと約束しました
また
ここから一年間を一緒に話し合っていきましょうと
福島の商工会や青年会議所などのみなさんも手伝いにきてくれました
現在福島のみなさんは自分たちでなんとかしなければという気持ちでいっぱいです
これからまた夏が終わり寒い冬がやってきますが
”孤独”とともに冬を越える事なく
いつもとなりにはラブフォーニッポンがいるということを
すこしでも多くの方に思ってもらえるよう
活動を続けていきたいと思います
どうぞみなさんこれからもよろしくおねがいします
みんなで灯したキャンドルのメッセージは
”ありがとうはおだがいさま”
いつか福島のみなさんが世界中からありがとうを言われるように
そんな日本をつくれるように
Candle JUNE