report |

熊本地震から一年 現地スタッフレポート

熊本で地震が起きて1年。
私は横浜で生まれ育ち、
大学進学のために熊本へやって来ました。

そんな熊本に大きな地震が襲いました。
余震は出先で体感し、
本震は家のベットの上でとなりました。

自分のできることをできる限りする!ということを
モットーにし、物資配送やボランティアの方々の
宿泊施設の運営を行って来ました。

そんな時にJUNEさんと出会い、
昨年の夏過ぎよりLove For Nipponの活動へ参加させて頂きました。

加藤神社で開催した、4月14日16日のキャンドルナイトでは
キャンドルなどの設置のお手伝いと
15日の南阿蘇黒川地区で行った、「SONG OF THE EARTH」では
ステージ装飾のお手伝いとステージ転換のお手伝い。
16日には益城の仮設での炊き出しや
ビンゴ大会のMCなどをさせて頂きました。

加藤神社では
熊本の方々や全国から熊本に寄せられたたくさんの想いがこもった
メッセージホルダーを並べているときはうるっとしたり、
また南阿蘇のSOTEでは南阿蘇の方々が
音楽を聴いたり、一緒に歌ったりしている姿や
笑顔になっている姿を見れてとても幸せでした。

今回参加させて頂き、
地震当初より笑顔が少しずつ増えており、
もっともっと熊本に笑顔が広がるようにしていきたいと
改めて思いました。

ぜひこれを見て下さった方々が
ちょっとでも熊本に目を向けて頂いたり、
家の防災対策や家族での防災について話して頂き、
少しでも被害が減るようにして頂けると嬉しいです。

ぜひ熊本に遊びにも来て頂けることを
お待ちしております!