report |

LFN ROAD@福島県三春町

LFN ROAD@福島県三春町
2012.04.11.wed

毎月11日は被災地でイベントをおこなってきていますが
今月は福島県原発地域避難者が生活されている三春地区仮設住宅に行ってきました

去年からも何度か訪れていた三春地区の仮設ですが
クリスマスなどをおこなった熊耳仮設住宅以外にも6カ所あり今回は柴原萩久保仮設に行ってきました

何ヶ月か前におだがいさまセンタースタッフの方に依頼されていた
『仮設の自治会長さんが故郷富岡の桜を歌った詩”望郷桜”をかいており
それにどなたか歌をつけてくれないか』という内容に答えてきました

ラブフォーニッポンアクションでもっとも多くの場所で歌ってくれている
青谷明日香さんにこの歌の制作をお願いしていたのですが
東京の桜が満開になった今、ようやくその歌ができたということで
4月11日は柴原萩久保仮設住宅に青谷さん本人と歌を届けに行ってきました

事前に三春地区のみなさんにたくさん集まってもらえるよう告知をしていたのですが
あいにくの大雨で外の広場でロウソクを灯してライブを行う予定も中止となってしまい
談話室でのライブとなってしまいましたが
自治会長さんはじめ、みなさんが本当に歌を楽しみにしていて下さいました

高野さんというマッサージ師と写真家の石井麻木さんも同行してくれました
長い時間ではなかったのですが、それぞれに交流を深めることができ
また次回くることの約束もできました
小さな仮設なので、なかなか色々なボランティアが訪れないようで喜ばれました

三春ダムには有名な滝桜があり,それ以外にもたくさんの桜の木があり
4/22には桜を前に歌の発表会が予定されています
その日まで仮設で暮らすみなさんも歌を覚えておいてもらい
青谷さんと一緒に”望郷桜”を歌うことを楽しみにしてくれました

談話室で青谷さんが”望郷桜”を発表し、そのあと自身の歌を歌ってくれましたが
集まった方々は涙をながして聞いていました
ラブフォーニッポンをやっていてよかったと思えることですが
たくさんの被災地を一緒にまわり,ステージで歌ってくれる仲間達は
いっしょになって物資提供を手伝ったり、避難されている方々と交流するなかで生まれてきた新たな歌をうたってくれています
何度も通って生まれた歌
そこには”ほんとうのこころ”がはいっていて
避難されているみなさんのこころにも届くのだと思います

子供と一緒にきていたおばあさんが号泣していました
その子供は
幼稚園にいて助かったけど家族みんなは津波に流されてしまったということです

震災当時はあまり泣かさないでくれと避難されている方達によく言われていましたが
こうしたふれあいのなかにある涙はいいものだと思いました
いろいろ思い出させてしまったから出た涙ですが
その涙をみた自分たちはこれからこの人たちともっともっと繋がって行こうと決心させてもらえます

いつかお互いが”よかったねー”と涙しながら喜び合える日をつくろうと目標ができる涙なんだと思います

ラブフォーニッポンも地道に活動してきた結果
いくつもの展開が、繋がりが生まれました

去年は”出来ることを全部やる”というテーマできましたが
今年の3/11からは”出来ないことでも全部やる”をテーマにしています

震災当時良く言われていた”絆”ですが
あの言葉は一年経った今からようやく言える言葉だと思います
みなさんのおかげでいくつもの絆が今あります
10年後20年後喜びあえる繋がりを今作っています

どうぞこれからもよろしくおねがいします