report |

5月11日の月命日

ラブフォーニッポンなみなさまへ

現地活動報告をさせてください

ーーーーーーーーーーーーーーーー

5月11日の月命日は
コロナウイルス緊急対策宣言中ということもあり
福島県での開催を断念し、東京にてキャンドルを灯すのみとしました

開催予定であった復興住宅の皆様はじめ
福島各地の仲間たちからメッセージを送っていただき
青谷明日香さんのライブと合わせたキャンドルナイトとし
youtubeのcandle11thチャンネルにて5/11にその模様を放送しました

https://www.youtube.com/watch?v=k4nqzZ0P_F4&t=26s

いつもの月命日であれば
各地からメンバーが集まり、お昼から夜まで
「たのしいね うれしいね おいしいね ありがとう!」
と賑やかな1日を一緒に作りますが
5/11は最小人数スタッフのみでの点灯となりました

福島各地から集まったメッセージの中には
原発事故当時
たくさんの福島の方々が味わった差別が
今またコロナによって生まれていると感じている方が多くいらっしゃいました

私たちも
復興住宅の皆さんから
「いつも私たちのために頑張ってくださっている皆さん達には申し訳ないけど
東京から復興住宅には来ないで欲しい」

「高齢者が多いからもしコロナの人が来たら怖い!」

正直な気持ちを聞けてよかったですが
福島の多くの方々は
事故当時からずいぶん長い間、他県へ行った際に
「放射能がうつるから来ないで欲しい」
そんな言葉を浴びせられたり
福島ナンバーだからというだけで石を投げられたりしていた

その気持ちの一部を感じることができたように思います

世界各地で戦争やテロ

様々な災害などの悲しみがこれまでも起きていましたが
今回のコロナウイルスの影響は全世界同時発生であり
価値観など様々なものへの影響も大きいと思われます

311に発生したことも「天災」というくくりでまとめられてしまいがちですが
天災や人災というまとめ方を問題視するよりも
結果、どういったことが起きたのか
そしてどうしたら被害を最小限にすることができたのか

緊急支援というものだけではなく
10年という月日から見える真実もあると思います
これまでの活動から学んだことを、この10年でまとめ
これからの新しい世界へ少しでも活かすことができたらと考えています

緊急事態宣言は解除されましたが
世界的にも再発している地域もあるなど不安は続いています

新しい価値観やルール、モラルなどもできつつありますが
被災地支援活動も新たな形作りを進めていきたいと思います

毎月当たり前のように開催できていた月命日活動も
復活する予定はまだ見えていません

参加してくださっていた皆さんも
参加したことがない方もよかったらこちら見てください

https://www.youtube.com/watch?v=lwGWmEte1mY

「たのしいね うれしいね おいしいね ありがとう!」
そんな1日をみんなで作っていた頃の記録です

災害支援の中で考える「復興」とは
元どおりの世界を求めるのではなく
新しい世界をみなさんと一緒に作り出していくことと考えています

まだ状況を見ながらとなりますが
徐々に現地活動も復活し、新しい世界の形作りの一端となれたらと思います

6月11日の月命日は集客なしでの現地活動を検討しています

皆様からのメッセージも灯すことができたらと思いますので
もしよろしかったらメッセージを返信にていただけましたら幸いです

どうぞ
これからもラブフォーニッポンをよろしくお願いします

ありがとうございました

 

CANDLE JUNE

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私たちが毎月福島各地を巡る理由です

1
いまだに避難生活を続ける方達がいらっしゃいます。
その方達の心のケアに努めています。
特に復興住宅への移動により、ニーズは増えています。
仮設住宅、復興住宅の運営の在り方も学んでいます。

2
原発事故による実被害、風評被害が発生しています。
これらの被害内容をより正確にヒアリングしています。

3
災害が起きた時、そしてその後の支援のあり方を反省しました。
縦割りの活動ではなく、横の連携をどうしたら構築できるのか?
物質的支援後の活動の在り方と、それらを多くの方々に理解してもらう大切さ
自然災害と事故災害の区分け認識を広めていきます。

4
「自立を促す」という言葉の具体的なアクション
現在月命日の活動は私たちが主導で行うことなく、福島県民チームが行ってくれています。
各地の声を聞き支援ニーズの確認と、開催候補地選びなども行ってくれています。

5
子供たちの心のケア
学校訪問をし、実際被災体験した子供たち小中高校生と交流しています。
子供たちを育てているお母さんたちの
様々な不安要素を少しでも和らげられるように訪問を続けています。

6
3月11日だけでなく毎月続けることで
線として繋がる絆づくりを行っています。
発災当時から何かしたい!と思っている方々が日本中にいると思います。
その方々が今の福島につながれるようにしています。
福島の多くの方々はもう忘れられたのでは?と感じておられます
「9年間福島のことを想っていたけれど何もアクションできなかった」
そんな方々をつなげることが、今とても大切な支援の形と実感しています。

7
いつの日かこの震災、津波、原発事故、風評被害という四重苦の経験を生かして
福島の皆さんに世界中から「ありがとう」が言われる日を目指しています。

8
「復興」というものが具体的にどういったことなのかの答えを探しています
そして毎年3月11日にその答え合わせを福島でおこないたいと思います。

コロナの影響で現地活動ができない状況ではありますが
これからも
毎月11日の福島での活動を続けて行きたいと思います
現地参加や物資提供、活動費用協力募金などご協力いただけましたら幸いです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ラブフォーニッポンでは支援活動のための寄付をおねがいしています
サイトから直接ご寄付いただけるようになりました。こちらからよろしくお願いします。
https://lovefornippon.com/donation

三菱UFJ銀行
一般社団法人LOVE FOR NIPPON(イッパンシャダンホウジンラブフォーニッポン)
代々木上原支店(普通)0052628

これまでの活動レポートはこちらをご覧下さい
https://lovefornippon.com/report

ラブフォーニッポンFB
https://www.facebook.com/LFN311

月命日に福島のみなさんからメッセージを授かっています。ぜひひとりひとりの想いを読んでみて下さい。
https://fukushima311.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー