report |

2月11日の月命日

ラブフォーニッポン な皆様へ
現地活動報告をさせてください

毎月11日に福島でおこなっている
月命日キャンドルナイトイベント「CANDLE11th」ですが
コロナ禍での開催が続く中でしたが
2月11日は福島県楢葉町の徳林寺さんでの開催となりました

こちらも津波被害があった地域ですが
ご住職さんたちは当時はこちらでお住まいではなかったということで
こちらのお寺をつないでくれた松本くんがいろいろとお話ししてくださいました

この日もコロナ禍であるため最小メンバーで東京からは向かいましたが
311にむけて映像制作のために取材チームも同行していました
その時取材した作品がこちらの映像です

いつもの月命日は地域の皆さんにたくさん集まってもらって
「たのしいね うれしいね おいしいね ありがとう!」をテーマに盛り上がっていましたが
この日は最近の月命日を支えてくれているメンバーが集まって
和気藹々と準備をしてくれていました

福島県内だけではなく宮城からもメンバーがいます

いつも楽しく集まってくれているメンバーですが
いざカメラが向いて
質問をはじめると普段はなかなか言葉には出てこないお話なども出てきました

とくにこの10年、双葉町のダルマ祭りやイベントなどに
家族で参加してくれていた舞木くんが

「10年ずっとお客さんとして関わらせてもらっていましたけど
これからはいっしょに作らせてもらえませんか?」

と言ってくれました

10年という月日が経つと
支援というものはいよいよ終わりというようなことになるかと思います
そんな中でもこういうふうに思ってくれるメンバーが増えることがとても嬉しかったです

私は311前まで原発反対運動をしていました

本当にこれからも原発が必要なのか
そして原発事故の本当の恐ろしさは?
すくなくとも反対派は原発の恐ろしさをずっと訴えていました
だからこその責任があると思って福島に通い続けています

この気持ちは年が経つにつれてむしろ大きなものになっています

発災当時はあれだけ国中がもりあがっていたことが
年が進むにつれて話題にもならなくなり
というか話題にしづらいものになってしまいました

その現状を作っていると思うとなおさら責任を感じてしまいます

福島各地で出会う人たちとも
原発や風評被害の話をするときにそんな気持ちが大きくなります

この10年からのスタートを自分はどうするべきなのだろうか
いろいろ考えがあふれます

それでも
この月命日に集まっていた仲間たちは
これからのアクションに対して自分ごととしての表現に変えてくれていました

これまでは
「支援してくれていてありがたいです」
というだけだったことが

「ぜひ参加してもらいたいです」

という言葉になっていました

またメンバーは各地から集まるのでそれぞれ復興格差があり
補償をもらえるところとそうでないところ
風評被害で大変なところなど地域差があり
突っ込んだ話がなかなかできなかったことも多かったのですが
10年が経つと
みんなもあの時はどうだったとか
いろいろすこし過去形にかえることで
話ができるようになってきていると感じています

触れられない話が「原発関係」「補償金」などでしたが
10年が過ぎた今だからこそ
それぞれの311を語り始められるのではないか

そんな可能性も感じる1日となりました

津波被害地域で、もうすっかり復興したという地域はいまだに一つもないと思います

原発事故も大変ですが
津波被害地域も忘れてはいけないですね

福島ばかりでの活動となってしまっていますが
11/20は宮城県山元町で久しぶりに楽しい1日をみんなで作ります

「これまでボランティア活動させてもらってありがとう!」

というイベントです
普門寺さんというお寺が沿岸部にありますが
いまだに自分のところのお寺の修繕は終わってないにも関わらず
いつも地域のために、そして各地の災害支援のためにと動き回っておられます

学生ボランティアの受け入れを続けずっと面倒をみています

支援活動って実はこうして現地の人が受け入れてくれるから成立すると思います

「支援してあげる」という気持ちよりも「支援させてもらえる」という気持ちのほうがリアルなものです

まさにこういったお寺さんがいてくれるから
外部のボランティアが現地活動できるということです

津波被害地域ではかなり支援活動が終わってきていると聞いています
わたしたちは山元タイムというお母さんたちのものつくりチームがあることで現地とつながっていられますが
ほとんどのチームが撤退してきていると思います

かつて現地でボランティアしたことがある人たちも
だいぶ復興を遂げた街のほうをみてもらいたいですし
同時にまだまだな沿岸部も知ってもらいたいです

そして10年経ってもボランティアを受け入れてくれている貴重な現地の方々と
あらためてつながってもらえたらと。再会を喜び合いつつも
11年目からの必要なあらたなご縁作りをスタートしたいと思い企画しました

11/20はたくさんの再会を喜び合えると思いますが
それ以上にニュースにはなりづらいたくさんの問題も知ることができると思います

まだおわっていない東北大震災にたいして
あらためてみなさまの興味が繋がりますように

どうぞ
これからもよろしくおねがいいたします

一般社団法人 LOVE FOR NIPPON 代表

CANDLE JUNE

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ラブフォーニッポンでは支援活動のための寄付をおねがいしています
サイトから直接ご寄付いただけるようになりました。こちらからよろしくお願いします。
https://lovefornippon.com/donation

三菱UFJ銀行
一般社団法人LOVE FOR NIPPON(イッパンシャダンホウジンラブフォーニッポン)
代々木上原支店(普通)0052628

これまでの活動レポートはこちらをご覧下さい
https://lovefornippon.com/report

ラブフォーニッポンFB
https://www.facebook.com/LFN311

月命日に福島のみなさんからメッセージを授かっています。ぜひひとりひとりの想いを読んでみて下さい。
https://fukushima311.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー