CANDLE 11TH



2013年より毎月11日の月命日は

必ず福島県の仮設住宅やこども園などでイベントを開催しています。

 

 

2011年夏より

月命日は福島に限らず、東北被災地域でキャンドルナイトをおこない、

被災したみなさんそれぞれの「想い」を、キャンドルカップに書いてもらい灯してきました。

「震災」ではなく「原災」原発事故被害からの復興の難しさ

風評被害やいじめ問題、原発問題の風化を懸念して、2013年以降は月命日を福島で必ずおこなうようにしました。

福島各地のみなさんそれぞれの「想い」

「震災当時から今の想い」を教えてもらっています。

そして福島の皆さんと一緒に

「たのしいね うれしいね  おいしいね ありがとう!」

と思える1日を一緒に作り、過ごしています。

 

 

外から見る「福島」ではなく

「福島の今」を生きるみなさんの声を世界中に届けるために

毎月11日に福島の皆さんと灯しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://fukushima311.jp/