福の島みらい

福島原発地域から避難されているお父さん、お母さん達と一緒に

新潟中越地震震源地の棚田や日光で”お米作り”を始めています。

原発被害で田畑とその労働を奪われた農業に従事するお父さん、お母さん。

そして、外遊びが禁止されていた福島市の子どもたち。

ラブフォーニッポンでは、農業国である新潟と福島を繋ぎ

その産業の「みらい」を継続させるための活動のひとつとして、

一年間を通してお米作りを実施しています。

新潟・福島・栃木・東京

様々な地域の様々な世代で作り上げるキラキラの日本のお米。

そこにはたくさんの笑顔と絆が生まれています。