ROAD

「ROAD」はLOVE FOR NIPPONが最も大切にしている「現地活動」の総称です。

 

311直後、物資を被災地域に運び,炊出しをおこなうことから活動をスタートしました。

直接交流することで、現地のニーズを知り、被害状況を把握することも出来ます。

そこから、各地それぞれのニーズに合わせた形を準備して、支援に入ります。

 

熊本地震に対しても、即座に現地入りして現状確認から活動を始めました。

 

そして、何よりも大切にしていることは現地活動のみではなく

帰って来た東京でも現地活動報告をおこない、支援してくださる皆さんに現地の状況を伝えます。

点ではなく、線になるような活動を目指しています。

一方通行ではない道作りを、支援者たちがいつか被災地へ行きたくなるような道づくりを。

 

現地での活動内容

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1 STEP

 物資提供 炊き出し 情報収集 マッサージ 理美容ケア 子供達との遊び

エンターテイメント 著名人の現地交流サポート

 

2 STEP

定期交流 ご飯会開催 各種マッサージ 各種ワークショップ ビンゴ大会

キャンドルナイト エンターテイメントなど

複合的な提供から長時間の交流を持ち、みなさんそれぞれの現状のヒアリングを行います

現在では、新潟中越地震地域のみなさんと福島での活動をおこなったり

福島のみなさんの支援を熊本に届ける等、被災地域を繋がる活動にまで発展しています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「自立」を促すためにも支援を控えるように。

震災から2年目からはよく言われる言葉です。

ですがみなし仮設住宅などもあり、仮設住宅への入居者の多くは高齢者です。

高齢者のケアを兼ねての活動、そして避難されている皆さんが、精神的な病にならないように

「してあげる支援」としてではなく、隣に寄り添う事のできる「絆」を時間をかけて作って行きます。

 

「おたがいさま!!」

 

そんな合言葉をお互いに言えるような絆づくりです。

 

様々なロードをおこなってきました。詳しくはレポートをご覧下さい。